日 録

まえの記事 つぎの記事
言語学講演会のお知らせ

以下の要領で講演会を開催します。関心のあるかたはどなたでもご参会ください。

講師 : 金子 真(岡山大学社会文化科学研究科准教授)

題目 : 「日本語とフランス語のモーダルな不定表現」

日本語のダレカ / ナニカなどとフランス語の quelque のモーダルな不定表現とされる用法(例: 「ダレカ男が来たに違いない」、« Yolande a dû rencontrer quelque amie » など)について、通言語的観点から考察する。

日時 : 2012年9月21日(金)15時〜17時

場所 : 筑波大学人文社会学系棟B415

この講演会は、科学研究費補助金 (基盤研究 (C)) 課題番号20520348「フランス語および日本語におけるモダリティの意味論的研究」(研究代表者渡邊淳也) によって実施されます。