日 録

まえの記事 つぎの記事
 きのうまで≪フォト蔵≫の写真アップロード機能がたいへん不調だったため、この記事を書くのが遅れてしまいました。

 毎夏の恒例により、ことしは7月31日から8月5日までの6日間、こどもたちとともに愛媛の母親の生家に行ってきました。
 ただし、いつも鉄道(のぞみ・しおかぜ)で往復するのとちがって、今回ははじめて飛行機で往復しました。

P7310004

 羽田からのった飛行機は松山空港におりるので、ついでに道後温泉までいってきました。伊予鉄道の市内線(路面電車)にのって、終点の道後温泉駅まで。

P7310031

P7310034

P7310059

P7310038

 道後温泉は3000年の歴史をもつ日本最古の温泉で、現存の本館は江戸時代にさかのぼります。

P7310039

P7310041

 道後温泉では、≪霊(たま)の湯≫にはいりました。強く薬効を感じるような湯ではなく、まろやかで、やさしい湯です。
 浴槽はおとなでもすわると顔がしずむほど深く、漱石の『坊っちゃん』のように泳ぎたくなる気もちもわかります。
 ふろからあがったら、坊っちゃん団子をたべながら、階上でしばしの休憩。この季節、江戸時代さながらに冷房がついていないのはきついです(笑)。

P7310044

 兄妹なかのよい息子と娘です。本館の回廊から、飽かずにいっしょに外をながめていました。

P7310052

 温泉からの帰路は、漱石の時代の伊予鉄道を再現した「坊っちゃん列車」に乗りました。
 『坊っちゃん』のなかでは、三津の港につき、勤務する中学校にむかうとき、「マッチ箱のやうな汽車」にのるという描写がありました。
 乗車券・整理券を買ったのはわれわれの家族だけで、貸しきり状態でした。

P7310055

P7310065

P7310073

 この季節、明治時代さながらに冷房がついていないのはきついです(笑)。

P7310074

 JR予讃線に乗って伊予桜井へ。

P7310084

 桜井は、伊予の国分寺があることからもわかるように、古代からの歴史をもつ、四国でももっともふるいまちのうちのひとつです。江戸時代は漆器生産でさかえ、幕府直轄でした。しかしいまは、何軒かふるい漆器屋さんがあることをのぞけば、ひなびた漁村です。
 1955年、今治市に合併されましたが、桜井のひとは今治市という単位への帰属意識は稀薄のようで、じぶんのいどころを「桜井」とよぶ傾向があります。イタリア語でいうところの「カンパニリースモ campanilismo」をつよく感じます。(ちなみに今治市は2005年1月、いわゆる「平成の大合併」で、しまなみ街道につらなる島嶼部をふくむ11町村を併合し、巨大な市になりました)。
 わたしは大阪でうまれそだちましたから、ここに住んだことはないのですが、おさないころから、夏やすみになるたびにかえりゆく、「コンブレー」のような地でした。

 満潮時間をしらべて、海水浴場に行きます。家から水着を着たまま歩いておよぎに行けます。瀬戸内海らしいおだやかな砂浜ですが、海水浴客はたいへん少なく、ほとんどプライヴェートビーチ感覚でのんびりおよげます。移動日だった初日と最終日以外はまいにち海に行きました。
 この砂浜からみる景色は、わたしが子どものころからかわらぬ、原風景のようなものです。
 比岐島。

P8040176

 平市島(無人島)。

P8020113

 いつもおだやかな海なのですが、ことしは例年とちがって、8月1日は、四国の南岸を台風がかすめていったので、めずらしく海が波たっていて、この日だけはおよげませんでした。
 8月1日の海。

P8010092

 8月2日の海。

P8020121

 8月3日の海。

P8030149

 8月4日の海。

P8040179

 桜井には漁港と魚市場もあり、毎朝の魚市で、仲買人がせりおとしたばかりの魚をしめて売ってくれます。その日の漁獲しだいなので、ほしいものがいつあるかはわかりませんが、焼き魚に適した大きさの鯛が1尾100円と、都会では考えられない値だんです。もちろん、新鮮なのでとてもおいしいです。

P8010087

P8010086

P8010088

P8030133

P8040198

 8月4日には、祖父母らの墓をたずねてから、来島海峡大橋の四国がわのつけねにある、≪サンライズ来島≫に行ってきました。橋をわたって島をめぐってゆく、サイクリングの拠点でもあります。

P8040156

P8040157

 この海峡は潮流がはげしく、船にとっては難所です。かつて、ながれの方向をさし示していた腕木式の信号が保存されています。
 
P8040154

 今治市のゆるキャラ「バリィさん」。2011年、ゆるキャラコンテストで全国2位になったそうです。

P8040159

P8040170

 8月4日の夜は宮島祭でした。わたし自身は子どものころ見たことがあったのですが、例年は日づけでいうともっとおそいので、見られません。ことしは暦のまわりかたの加減(満月の日か?)で早くなったらしく、たいへんひさしぶりに見ました。
 おさない子どものいる家では、わらと紙で船をつくり、ちょうちんの明かりをつけて、綱敷天満宮で祈祷をうけ、夜の海に、父親がその船を砂浜から沖に押し流し、象徴的には瀬戸内海対岸の厳島神社を目ざして行ってもらうというお祭りです(海のごみになるので、じっさいには沖に漁船をだして、回収しているそうです)。
 わらの船によって隠喩されていることは、もちろん、子どもたちを世のなかに送り出してゆくことですので、ほとんど本能的な感情として、涙腺がゆるみます。
 子どもたちの生きてゆく世界が、瀬戸内海のようにおだやかならいいのですが、ひどく困難な、率直に言ってろくでもない時代に子どもたちを残すことになってしまったとおもうと、よけいに心配はつのります。

P8040215 

P8040214

P8040208

 綱敷天満宮は、菅原道真が太宰府にながされるとちゅうにたちよったという故事にちなんだふるい天神で、海に面した広大な松原を擁しています。

P8040186

P8040187

P8040188

 8月5日、帰途につきました。予讃線で松山へ。

P8050219

P8050220

 松山空港で、愛媛のなごりに、たいめし、じゃこ天と、うどんを昼食にたべてから飛行機にのりました。

P8050238

P8050242

P8050246

 飛行機からみる東京湾は、瀬戸内海のように青くはないので、東京にもどってくると、夢がさめたような気分になりました。

P8050256