日 録

まえの記事 つぎの記事
 ヴラジーミル・ヴィソーツキー Владимир Высоцкий が42歳の若さで亡くなったのは1980年のきょう、7月25日だった。忌日を紀念して、旧ブログでもしたことがあったように、ヴィソーツキー特集ということにしよう。

 ヴィソーツキーは、じぶんでつくった曲を、みずからつまびく、ロシア独特の7弦ギターをたいてい唯一の伴奏として、迫力のある声でうたっていた。
 わたしは1990年ころ、≪В темноте(暗闇で)≫が服飾会社のサンヨーのコマーシャルで使われた(これ自体奇蹟的だとおもうが)のをきいて知り、好きになった。

★ В темноте(暗闇で)[動画では題名が≪Темнота(暗闇)≫になっている]


 当時オーマガトキからでていたCDを買い、ほかにもききたくて、神田の≪新世界レコード社≫に輸入版を買いにいったりしたものだ。
 いまは、≪新世界レコード社≫は残念ながらなくなってしまったが、Youtube に無数の動画があがっていて、いくらでも視聴できるようになった。いい時代になった、とおもわずにはいられない。
 ヴィソーツキーの作品は、生前、ソヴィエト政府によってほとんど禁止されていたにもかかわらず、ひとづてにコピーされて流布していたという。
 いまも、販路にのっている曲は一部にすぎないので、Youtube は、なんとなくヴィソーツキーの作品らしい流布のされかただとおもう。

★ Я не люблю(わたしは好まない)


★ Я не люблю(わたしは好まない:ヴィソツキーの若かりしころ)


★ Купола российские (ロシアの穹窿)


★ Кони привередливые(悍馬)


★ Кони привередливые(悍馬;別ヴァージョン)


 ≪Кони привередливые≫は、映画≪白夜≫のなかでもつかわれた。
 悍馬とは、ここでは、「もっとゆっくり」としずめようとする者の死にむかって疾走する馬のことだ。

★ Охота на волков (おおかみ狩り)


★ Песня самолета-истребителя(戦闘機の歌)


★ Он не вернулся из боя(かれは戦闘から戻らなかった)


★ Братские могилы(共同墓地 (無名戦士の墓))


★ Спасите наши души (S.O.S.)


 この曲はヴィソーツキーにしてはやや抑制的な演奏をすることが多いが、このときにかぎってはたいへん力がはいっており、最後でギターの調弦が狂って中断したのが残念だ。それがなければ最良の演奏になっていただろう。
 潜水艦で海底にとりのこされ、たすけを呼ぶという内容の歌詞だが、まるで、2000年に起きたロシアの潜水艦≪クールスク≫の事故を予言していたかのようだ、という評をネットで読んだことがある。たしかに、わたしもおなじことをおもいおこしてしまった。

 よけいなことだが、モールス信号の S.O.S. が Save Our Souls のかしら文字だというはなしは、タイタニック号の事故のときにあとづけで作られた都市伝説で、じつは当初は、でたらめな記号列にすぎなかったらしい。しかし、ロシア語での≪Спасите наши души≫も、Save Our Souls の直訳だ。これはどういうことだろう。都市伝説ごと翻訳されたのか。

★ Plus rien ne va(万事休す;フランス語版)


 フランス語でも曲をつくり、うたっていたのを知ったのは、ずいぶんたってからのことだ。
 ヴィソーツキーの奥さんがフランス人だった関係で、パリでレコーディングをすることが多かったらしい。
 かれの歌のちからづよさは、かなりの程度ロシア語の音韻のおかげでもあると思っていたのだが、フランス語での歌もおなじくらい迫力があり、その考えをあらためざるを得なかった。