日 録

まえの記事 つぎの記事
 つゆどきとはおもえない、乾燥した晴天。しかも涼しい。ヨーロッパの初夏のようだ。きょうのつくばの最高気温は22.5度。

 変則的3期制をとる筑波大学では、1学期は原則として6月まででおわる。わたしの担当科目も正式の平常授業は昨日が最終だった。
 全学的にはきょうから試験期間だが、きょうは担当している3・4年生むけの専攻科目で、講読の進度がおそめだということもあり、例外的に平常授業に準ずるかたちで補講をした。
 明日、べつの科目で試験や課題提出の受けつけをすませれば、筑波の1学期はめでたく終了する。やれやれ、といった感じだ。
 もちろん、7月も大学院入試や大学説明会などのしごとがあるので、たいへんなことにはちがいないが、授業がなくなるだけでもありがたい。

 どのようなリズムで学期をすごしてゆくのがよいかは、慣れによるところが大きいが、わたしは現在の筑波の変則的3期制がどちらかというと好きだ。わたしはどうも疲れやすので、学期が小きざみになっているほうが、すっかり疲れきるまえに休みになり、体力的に潰滅しないですむ。とくに、夏やすみの開始が早いのがありがたい。
 そのかわり、9月は1日から2学期と、他大学にくらべて夏休み明けが早い。11月後半に2学期試験をして、下旬に「秋休み」があるのはいいが、12月から2月までが3学期。ほかのほとんどの大学で授業がおわっている2月まで学期中というのはきつい。2月下旬は、学年末試験と前期入試の両面作戦になる。

 この変則的な学年暦が、とくに3年から4年になる春休みに就職活動をはじめる学生にとって、2月を活用できる他大学の学生にくらべて不利になるとか、さらには、教員にとっても、大勢にそったスケジュールで進んでいる学会活動などにも支障をきたす(<はじめるまえからわかりきったことだ!)、というような意見が多かったこともあり、筑波大学も来年度からとうとう2期制に移行することになってしまった。
 もちろん、いま書いたような意味ではメリットがあるのだろうが、この2期制移行にともなう理念には、かなりゆれがあるように思う。
 たとえば、「筑波大学における授業運営体制の改革に対応する運用ガイドラインの概要」(<題名部分をクリックで別窓詳細)という資料の2ページにある、つぎのくだりはどうにも理解できない。

 「(2) 授業時間や時限(開学当初からの方針を踏襲、単位制度の趣旨)
 他大学を先導する本学の役割を明確にするために、1コマ=75分授業を維持する。」


 まず、「開学当初からの方針」がほんとうにそれほど「他大学を先導する」ものだったなら、3期制を撤廃する必要はないではないか。
 「他大学を先導」どころか、この方針が他大学から完全に孤立していたからこそあらためようとしているのではなかったのか(医科単科大学や、総合大学でも医学部だけ3期制というところは結構あるようだが、総合大学で全学的に3期制なのは筑波とICUくらいだろう)。
 「他大学を先導する」ものだったといえるのは、75分授業に関してのみであって、3期制はだめだった、といいたいらしい。これは、都合のよいところだけ自己評価を高くしておくダブルスタンダードにほかならない。率直にいって、このような矛盾をふくんだ文書を公開している大学がはずかしい。
 とはいえ、2期制への移行はすでにきまってしまったので、人文学類で教育課程委員をつとめているわたしは、これから来月にかけて、新課程表の作成などをしなければならない。
 しかも昨年から導入され、バグ続出だった学内の新オンラインシステムで科目一覧の編集などをしないといけないようで、いまから思いやられる。

 さて、愚痴はこれくらいにして、きょうの記録にもどろう。
 補講をひとコマすませたあと、夕方まで、来週の大学院入試にかかわる準備的なしごとをばたばたとしていた。

 かえりみち、買い物をしようとつくば駅前の≪クレオ≫にたちよると、わたしが学生だったころつくばにあった伝説的な文化拠点≪AKUAKU≫(<クリックで別窓詳細)を運営しておられた野口さんと、20年ぶりくらいで偶然再会し、しかもおどろいたことに、わたしの顔をおぼえていてくださった。とてもなつかしく、うれしい。
 ふだん、長距離通勤をしていると、このように偶然ひととあう機会はあまりない。ながい行程の両端をめざして急ぐばかりで、まるで閉ざされた細長い筒のなかを往還しているような状態になる。ここでニンゲンらしさをとりもどすには、いくらか道草をくうこともだいじだ、とあらためて思う。ふたつまえの記事に書いた、≪非日常≫の意義と似たようなことか。

P6270007

 帰宅したら、ひつじ書房からでた『フランス語学の最前線1』の献本がとどいていた。たのしみに読ませていただきたい論文も数多いが、この論文集にはひとつ問題があった。
 この書物は4年以上まえから「近刊」の広告がでていて、はるかに早い刊行時期を明示的に予告していたこともあったが、どういうわけか、編集に異常にながい時間がかかったらしく、やっとのことで出たものだ。
 執筆者のひとりからきいた話では、刊行時期が延引に延引をかさねるあいだ、早くから提出してあった原稿がずっと寝かされていたという。
 そんなことをしたら内容の鮮度が落ち、「最前線」という看板がいつわりになってしまいかねないではないか。しかるに、巻頭をかざる編者自身の論文が、なんと1990年に公刊した論文に手をくわえたものであると明記されていた。なるほど、なるほど、20年以上経っても「最前線」を自負できるのならば、4年やそこらの遅延など、気になるはずもない。
 じつはわたしも、6年くらいまえに、同シリーズの別の巻の編者を担当なさる予定の先生から、執筆を依頼された記憶があるのだが、第1巻がでるまでにあまりにながい時間がたってしまったので、はたして執筆依頼そのものがいまなお有効なのかどうか不明だ(哄笑)。