日 録

まえの記事 つぎの記事
 梅雨の晴れ間で、暑くなった。

P6150002

 午前中、町田市役所にゆき、娘の幼稚園の就園奨励費補助金の申請や、4月から従来の「子ども手当」から制度が変更され、6月から支給されることになった「児童手当」の手続きをする。
 昼食に、市役所まえの店、≪おやじ≫で、名物の「おやじ麺」をたべる。中華鍋でスープを野菜とともに熱してつくる、むかしながらの札幌ふうのみそラーメンだ。

P6150003

 かつてはこの店はたいへん繁昌していて、昼どきになると行列ができていたものだが、いまはそうでもなくて、正午ころでも空席がある。町田のまちなかには、つぎつぎと新しい趣向をこらした競合店がふえてきたからかもしれない。しかしわたしは、どんなものでも、順番待ちをしてまでたべたいとは思わないので、ありがたい。

 食後、古書店をのぞいたり、歩行者天国をあるきまわったりした。
 玉川大学に勤務していたころは、よく町田に来たものだが、いまでは、あいかわらず町田市民でありながら、中心街まで出てくる機会はあまりない(そのせいで、町田の中心街は、以前とさまがわりしたと感じるところが多く、おどろきがある)。その意味では≪非日常≫だ。
 ≪非日常≫ではあるが、たまにこうして、いくらかでも余裕のあるすごしかたをしていると、むしろ、ようやく「生活」をしているという実感がわく。

 帰宅後、庭に出てみると、ラヴェンダーの青い花がきれいに咲いていた。2種類、品種のちがうラヴェンダーがある。

P6150008

P6150009

 そのうち片方は、自然に種がとんで、コンクリートのわずかなすき間から生えてきたが、それさえもよくしげり、さかんに花を咲かせている。

P6150785

 みつばちがラヴェンダーの蜜をあつめに来ている(下の写真では中央にうつっている)。

P6150010