日 録

まえの記事 つぎの記事
 週末をつらぬき、連日、学外会議のしごとがつづく。
 きょうはしごとがおわったあと、みなさんといっしょに、東大駒場キャンパスの裏門を出てすこし行ったところの富ヶ谷にある瀟洒なビストロ≪Chambre avec vue≫へ。住宅街のなかにあり、紋切型でいうところの「かくれ家的名店」だ。ただし、店の名まえに反して、店内からの眺望がよいわけではない。
 コート・デュ・ローヌやボルドーのワインをのみながら、オマールえび、すずき、豚などの料理をたのしんできた。肉料理をのぞいては、味つけが比較的ひかえめで、上品な料理だった。
 絶妙な、ちょうどいいぐあいのほろ酔いで、上きげんになって帰途についた。

 とはいえ、週末まるまるはたらきつづけたあげく、あしたからも、まいにちしごとだ(泣)。