日 録

まえの記事 つぎの記事
 変則的3学期制をとっている筑波大学の特権である「秋休み」が明け、きょうから3学期だ。
 にわかにさむくなった。つくばでは、しぐれがふり、日中でも気温が5度くらいしかない。
 つくば生活1年目のひとがおおい1年生の授業で、「寒いですね。でも、まだ、つくばが本気を出した寒さではありません」と言ってしまった。すこしいじわるかもしれないが、事実だからしかたがない(笑)。

 まいとし、秋には、つくばに出勤するたびにいろづいてくる紅葉の写真をとることをたのしみにしていたのだが、ことしはどういうわけか1枚もとっていない。
 そのようなこころの余裕がなかったことにくわえて、ことしは秋がおそく、なかなか寒くならなかったので、紅葉がいろづかないとおもっていたら、こんどは急にさむくなり、いろづききらないうちに、すでにかなり落ちてしまった。
 「異常気象」などということばをかるがるしく使いたくはないが、どうも自然が順当にまわっていないような気もする。