日 録

まえの記事 つぎの記事
P3072318

P3072312

 所得税の確定申告書を提出するため、« ぽっぽ町田 » にゆく。
 すでに書いてきた申告書を単に提出するだけでも長蛇の行列で、これだけでも疲れる。

 6年まえ、おなじように確定申告書を提出に行った日に、東日本大震災が起きたことを思い出さずにはいられない。
 高い税金を払うのはおもしろくないことだが、東日本大震災の日、確定申告のために地元にいたおかげで、帰宅難民にならずに済んだものだ。

 * * * * *

 確定申告書を無事提出したあと、« ぽっぽ町田 » のとなりの « ぎょうてん屋 » にはじめてゆき、昼食に、« 二郎 » インスパイア系の「ぎ郎」をたべる。
 健康上の理由から、ラーメンはたまさかの楽しみにしている。
 野菜増しを所望。野菜といっても8割がたはもやしなので、たべるのは見かけほどたいへんではない。野菜はゆでただけなので、卓上の高菜といっしょにたべるとおいしい。

P3072313

 たいへんこしの強い太麺で、たべごたえがあり、おいしい。

P3072316

 池袋の « 大 » や、かつて渋谷にあった « 梵天 » など、« 二郎 » インスパイア系どうしがひとまとまりに類似しているような気がする。しかも、それらはいずれも、ほんものの « 二郎 » からははなれているように思う。そしてわたしは、そうした布置のなかで、インスパイア系のほうが積極的に好きだ。

 * * * * *

 ♪1年2年は夢のうち~
 ♪まさかとわらって待てば~(中島みゆき『トーキョー迷子』)

 というような心境で待ちつづけた、えるたそ~さんが、ご無事で1年ぶりに帰国なさった。19時ころ、ご本人からメールをいただいた。めでたしめでたし。