日 録

まえの記事 つぎの記事
 年末の家族旅行で、新潟県に行ってきた。
 目的地は上越市大潟区(上越市は市町村合併で成立した市なので、政令指定都市ではないにもかかわらず「区」がある。cf. http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/jichi-chiiki/jitiku-sikumi.html )の鵜の浜温泉というところだ。
 はじめて行く « 鵜の浜ニューホテル » にとまった。15畳くらいある、ひろびろとした客室をあてがわれた。

PC291958

PC291960

 往路は夕刻(しかも、みぞれが降るなか)、暗くなってから着いたので写真はなし。
 まずは温泉にはいる。ナトリウム-塩化物強塩泉(旧泉質名称では強食塩泉)で、さっぱりとしたつかりごこちだが、身体が浮き上がるようなので、塩分が濃いのだろう。

PC291956

 夕食(の一部)。

PC291961

 朝食(の一部。ビュッフェ形式)。

PC301971

 帰途はよく晴れ、朝から動いたので、あれこれ写真をとった。
 温泉のもより駅は潟町駅。このあたりは小川未明の『赤いろうそくと人魚』のもとになった人魚伝説で知られるところなので、近年たてかえられた潟町駅の駅舎も「人魚の家」のコンセプトによってデザインされている。

PC301980

PC301977

PC301983

PC301985

 潟町への往復は、上越新幹線越後湯沢から北越急行(ほくほく線)か、長岡から信越線か、あるいは北陸新幹線上越妙高からえちごトキめき鉄道(はねうまライン)か、と3とおりの経路があるが、まだほくほく線に乗ったことがないので、第1のルートにした。
 ほくほく線には以前特急「はくたか」が走っていたが、北陸新幹線開通とともにすっかりローカル線になってしまった。しかし、越後湯沢から日本海がわへのショートカットを目的としてつくられた線だけあって、いまでも高速運転だ。

PC301986

 十日町あたりの雪景。

PC301998

PC301992

 越後湯沢で、新幹線にのりかえるついでに途中下車して、駅ビル « CoCoLo » の温泉にはいる。

PC302009

 かえりみちの新幹線で上州にさしかかると、「国境(くにざかい)の長いトンネルをぬけると、雪国であった」の逆で、なにやら夢がさめたようなこころもちになる。

PC302016

PC302020