日 録

まえの記事 つぎの記事
 きのう、軽井沢での研究会合宿が無事打ち上げられたあと、わたしは家にかえらずに、現地で家族と合流して、いっしょに万座温泉に行ってまいりました。
 昨年夏もほぼ同時期に行ったのですが、家族旅行の行き先としてははじめてのリピートです。

 軽井沢を出るとき、駅付近は濃い霧、いやむしろ、雲のなかだったというべきかもしれません。

P8241495

 万座温泉ゆきのバスにのり、熔岩がごつごつした鬼押出しを経由して、万座温泉にむかいます。

P8241503

 万座温泉は標高1800メートルとあって、軽井沢よりさらにすずしく、この温度計は17度をさしています。

P8241507

 泊まった宿も昨年夏とおなじ « 日進館 » で、種田山頭火もとまったことのある由緒のある宿です。

P8241508

 白濁系の濃厚な硫黄泉で、高地の涼しさとあいまって、たいへん爽快な温泉です。

P8241510

 夕食、朝食ともにビュッフェ形式で食べ放題なので、軽井沢につづいて鯨飲馬食してしまいました(なので、万座をはなれてからは節制にもどっております)。

P8241513<夕食

P8251518<朝食

 宿のちかくに湯畑があり、まわりには硫化水素をふくむ湯気がながれているので、草がはえていません。水はみどり色です。

P8251536

P8251537

 きょうは « 日進館 » をチェックアウトしたあと、草津温泉に寄ってきました。
 とちゅうに白根火山があるのですが、一昨年から噴火の警戒のため、火口付近は監視員以外駐停車禁止・下車禁止で、通過しかできません。夜間は通過さえ禁止されます。
 白根火山付近は濃い霧がたちこめていました。これも雲のなかというべきでしょう。

P8251551

P8251550

 殺生河原でバスをおりて、写真をとりました。

P8251554

 殺生河原では、熔岩からたちあがる湯気の有毒ガスで、小鳥が死んでしまったことから、その名がついているそうです。
 草津について、有名な湯畑を見てきました。万座の湯畑の何十倍もあろうかという広々とした湯畑です。

P8251559

 この近くに源泉のある白旗の湯に入ってきました。

P8251563

 源泉に(ほんとうはだめなのですが)投げ込まれた多くの硬貨が、温泉の成分によって黒く溶けかかっています。

P8251564

 白旗の湯も万座とおなじく白濁系の濃厚な硫黄泉で、ここちよい温泉でした。
 「湯がとても熱い」という話をよくきくので(じっさい、浴場の入り口にも「源泉から近いので高温です」とのほこらしげな注意書きがありました)、熱い風呂がにが手なわたしは身がまえていたのですが、おそれていたほどではなく、3分くらい、全身でつかることができました。
 かえりは長野原草津口から吾妻(あがつま)線にのりました。

P8251574

 民主党政権時代、工事を中止するか否か二転三転した八ッ場ダムの建設地がちかく、吾妻線は水没する予定の低い位置から高い位置に線路がつけかえられました。つぎの写真では、新旧の線路が前方にみえます。

P8251575