日 録

まえの記事 つぎの記事
 きのう、大学院生のもとめに応じて、研究上の相談をするために大学に行った。
 新研究室がまだ引っ越し直後で立錐の余地もないので、中央図書館の « スターバックス » でまちあわせて、1時間くらい話した。
 « スターバックス » には、パッションフルーツの真っ赤なアイスティーがあり、いつもこれをのむ。
 容器にさくらの花がえがかれており、春仕様だ。

P3280408

 話しおわったあと、新研究室のようすをみにゆく。書架やキャビネットの固定が済んでいて、ようやく荷物を入れることができるようになった。
 3月2日に書いた連結書架の件だが、室内を実測したにもかかわらず、数字によわいわたしのことで、書架そのものの寸法計算に誤りがあったらしく、けっきょく柱のあいだには入らなかった。
 しかたなく、いちばん奥のパーツだけ、柱をさける形でななめに設置・固定してもらった。どうせ、デッドスペースは発生するので、これでもわるくはない。

P3280409

 * * * * *

 ことしも拙宅の庭の黄水仙が咲いてきた。例年、白水仙より咲くのがおそい。
 この黄水仙は八重咲きで、頭が重いので、放っておくと土についてしまう。
 きょう、去年と同様に、葦の枝と麻ひもで囲いをつくってやった。

P3290417

P3290419

 学会誌の校正(とくに、別冊は全体のとりまとめ担当)、科研費の報告書の準備、学会ニューズレターの原稿依頼など、いろいろとこの時期独特のしごとがあり、けっきょくいつもどおり、机をはなれることができない。