日 録

まえの記事 つぎの記事
 先週、今週と、茗荷谷に行く機会がつづきました。

PB286794

 先週木曜は、茗荷谷から10分ほどあるいたところの小石川にある出版社「大学書林」にはじめてゆき、出版の相談をしてきました。

PB196726

 大学書林はたいへん堅牢な自社ビルで、しかもこれまでかかわったことのある出版社の社内がおうおうにして雑然としていたのにくらべて、とてもすっきりと整理されており、このような出版社もあるのか、と思いました。
 出版の相談は、なかなかよい感触を得たように思うのですが、正式には預けた原稿を社内で検討していただいたうえで、後日お返事をくださるとのことです。
 なので、慎重な人間なら、出版が確実になってからはじめて言及するのがまともな行動だろうと思うのですが、「他社が出版しない少数言語の学習書、研究書を出版することに情熱をかたむけている」というお話をうかがい、讃嘆の思いをあらたにしたので、まだわからない今回の企画の結果とはかかわりなく言及したくなったものです。
 わたしの企画も少数言語を対象とするものなので、フランス語学関係者に知られると「逸脱」などといわれるかもしれないしろものですが、人生は一回きりなので、後悔することのないよう、なんでも好きなことをするべきと思っております。

 * * * * *

 きょうは土曜返上で、茗荷谷にある筑波大学東京キャンパスに、大学院説明会のしごとで行ってきました。
 今年度、大学院の文芸言語専攻の広報委員長をつとめておりますので、説明要員のひとりとして登壇しました。
 筑波大学の前身の東京教育大学の跡地にあり、いまは放送大学と同居しています。

PB286796

 説明会は大盛況で、約80席の教室がほぼ満席になりました。
 もっとも、「人文社会科学研究科」という大きな研究科全体(所属教員約240人)での実施なので、当然といえば当然でしょう。
 わたしの登壇時に、今年度から新しい内容として研究倫理にかんする研修がくわわったことを説明するとき、「小保方さんのようなひとがいるから、こんなことを追加でさせられると思うかもしれませんが」と冗談をいうと、けっこうウケました(笑)。
 しかし、研究倫理教育は実際には有意義で、たとえば、どれほどの寄与をしたら共著論文の共著者として名まえを連ねてよいか、といったこともふくまれております。こうしたことは知っておかないと正しい対応ができないので、結果的に「不正」に一枚かんでしまうかもしれません。