日 録

まえの記事 つぎの記事
 大阪でのもうひとつの予定は、中学・高校時代に世話になった後輩(後輩に「世話になった」とはおかしな言いかたかもしれないが、事実わたしのほうが世話になったことが多い)とほとんど30年ぶりに会ってくることだった。
 かよっていた高校からもほどちかい « にちりん » という店で正午にまちあわせ、最初だけビール、のちに焼酎をのみ、目にもたのしい料理をたのしみながら、むかしのことや、おたがいのこれまでの紆余曲折した道のりについて語りあった。
 30年もまえに縁のあったひとやものは、いまではほとんど無条件でなつかしいが、きょうお目にかかったかたに対しては、わたしはむかしもいまももっぱら讃嘆の思いをいだいているので、再会のよろこびはひとしおだった。

P9046352

 « にちりん » でも最後にコーヒーをのんだが、(量的に)もの足りなかったので、食後に近隣の « Café Lekker » にゆき、さらにコーヒーをのみながら話した。

P9046356

 話していると、30年まえとかわらず、気らくでやすらかなこころもちになった。
 いまはたまたまおたがい、落ちつかない時期が過ぎ去ったところでもあり、今後が楽しみな感じだ。またこれからがんばろうという気になった。