日 録

まえの記事 つぎの記事
P7216018

 先日註文しておいた『スペイン語史』がとどきました。
 スペイン語のみならず、ほかのロマンス語の歴史に興味がある場合にもたいへん参考になる一冊ですね。
 また、ピンポイントの関心にも答えてくれる、「かゆいところに手がとどく」本だと思います。
 たとえば、わたしが興味のある現在分詞について。
 『スペイン語史』でスペイン語の現在分詞についてみてみましたが、中世にはすでに(ヘルンディオではないほうの)現在分詞は名詞・形容詞としてあつかわれていたとのことで(pp.179-180)、そのころからすでに「スペイン語らしさ」がはっきりしていたといえますね。

 ちなみに、スペイン語は、ラテン語の participium præsentis と gerundivum (gerundium) の区別をほとんど捨てた言語で、前者は一部の形容詞として語彙化しているのみです。
 イタリア語はこんにちもそれらの区別をたもっている言語です。
 フランス語は、いったん両者の区別を捨てたにもかかわらず、「前置詞 en + 現在分詞」を固定化させることによって、区別をちがったかたちでいわば「復活」させた言語です。

 [後日追記] 一部、フランス語にも participium præsentis と gerundivum (gerundium) の区別が、動詞由来形容詞と現在分詞とのちがいとして生き残っているケースがあります。
 ベルギー王立フランス語アカデミー会員にして、ブリュッセル自由大学名誉教授の Marc Wilmet 先生( http://www.arllfb.be/composition/membres/wilmet.html )による Grammaire critique du français (Hachette, 1997) の p.293 に、現在分詞と動詞派生形容詞のあいだの対立の網羅的なリストがありますので、以下に書きうつしてみます。

 adhérant , adhérent
 affluant, affluent
 coïncidant, coïncident
 communiquant, communicant
 confluant, confluent
 convainquant, convaincant
 convergeant, convergent
 déférant, déférent
 déléguant, délégant
 détergeant, détergent
 différant, différent
 divergeant, divergent
 émergeant, émergent
 équivalant, équivalent
 excellant, excellent
 expédiant, expédient
 extravaguant, extravagant
 fatiguant, fatigant
 fringuant, fringant
 influant, influent
 interférant, interférent
 intriguant, intrigant
 naviguant, navigant
 négligeant, négligent
 précédant, précédent
 provoquant, provocant
 résident, résidant
 somnalant, somnalent
 suffoquant, suffocant
 vaquant, vacant
 violant, violent
 zigzaguant, zigzagant

 しかし、わたしが真っ先に思いうかべた pouvant, puissant がこのリストにはふくまれていませんね。これは網羅的とはいえません。しかし、どこまでを「動詞派生形容詞」とみなすかに独特の考えがあるのかもしれません。
 Wilmet 先生はいちど来日なさったときに、わたしが東京を案内してまわったことがありました。饒舌なフランス人とちがい、ビールをのんでしずかにうなづき、ほほえんでおられたお姿が印象的でした。


 * * * * *

 きょうは、授業3こまの合い間に、休学してグルノーブルで3年間日本語教師のお仕事をしておられ、最近帰国された大学院生(秋学期から復学予定)のかたとひさしぶりに再会しました。

P7216021

 おみやげにサヴォワの白ワイン、Roussette de Savoie をいただきましたので、院生のみなさんで飲んでもらうため、院生研究室においてきました(みなさん、飲んでくださいね)。
 フランス語学領域の院生研究室は今春引っ越し、今年度一杯は耐震工事がつづきますので、これで最終形態というわけではないのですが、いま仮に広めの部屋にドイツ語学領域と同居しています。

P7216023

P7216024

 おもしろいことに、フランス語学は(ここに越してくる以前から)まんなかに大きなテーブルをおいて、それにむかってみんなですわるスタイル、それに対して、ドイツ語学は、(おなじく、越してくる以前から)壁にむかって机をならべ、それぞれにすわるスタイルです。
 これを要するに、フランスは「単一にして不可分の共和国」(une République individible)、ドイツは「連邦共和国」(Bundesrepublik) というぐあいに、集団意識のありようがちがっている影響もあるのではないか、と妄想しました。