日 録

まえの記事 つぎの記事
 昨日月曜からきょう火曜にかけて、つくばに泊まり、月曜には講演会ならびに懇親会を主催しましたが、おかげさまでうまくいきました。
 ことしはこの「日録」でも話題にしているように、わたしの研究室が耐震工事で立ちのき状態なので、ひとを招いても不便をかけてしまう、と困っていたのですが、大学院の研究室の先輩・後輩関係に甘えて、新潟大学非常勤の木島愛さんをお招きすることにしました。

----------------------------------
言語学講演会のお知らせ

以下の要領で講演会を開催いたします。
関心のあるかたはどなたでもご参会ください。

■講 師
木 島 愛(新潟大学非常勤講師)

■題 目
「語彙文法からみた視覚動詞を用いる固定表現」
Gaston Gross による理論である「語彙文法」(lexique grammaire)の概要を説明し、それに依拠してフランス語の視覚動詞voirを用いた固定表現についての分析を提示する。

■日 時
2015年6月29日(月)15時~17時

■場 所
筑波大学第1エリア1C302会議室

この講演会は、科学研究費助成基金 基盤研究 (C) 課題番号25370422「フランス語および日本語におけるモダリティの発展的研究」(研究代表者:渡邊淳也)によって実施されます。

----------------------------------

P6295954

 講演は語彙文法理論の基本的な着想がよくわかるだけでなく、voirの記述のおもしろみも感じることのできる内容で、おわったあとの討議も有意義でした。
 木島さんはブザンソン留学時代にダニエル・ルボー先生に師事し、キュリオリの発話理論に強くコミットした博士論文を書かれましたが、いま新潟大学の高田晴夫先生のもとで、ガストン・グロスの「語彙文法」理論に依拠した研究をしておられ、ずいぶん変わったと思いました。よくいわれる、「ひと皮むけた」感じで、頼もしいことです。どの理論にもたいして忠実になったためしのないわたしは、いろいろな理論にふれ、柔軟になることはよいことだと思っております。

 おわったあとは大学近隣の « びすとろ椿椿 » (Bistro Cin-cin) にゆき、懇親会をひらきました。飲み放題なのをいいことに、パタゴニアの赤ワインをあおって、かなりの酔境にたどりつきました。
 木島さんと大学院で同級生だった、べつの大学に勤務しておられるかたもわざわざ来てくださり、なつかしさも手つだって、ずいぶんはじけました。コルシカ語のことわざでいう、« U vinu ùn dice nulla, ma e palesa tutte » (酒はなにも言わないが、すべてを曝露する) というのはこういうことかと。
 じつは、木島さんの宿をとるついでに、わたし自身の分も宿泊施設を予約しておいたのです。これで長距離通勤の終電を気にせず、こころおきなく痛飲できるというわけです(笑)。実施にさきだち、週末2日間を休肝日にして、飲む気満々。
 つくばに泊まるときはたいてい仕事が早朝深夜に及ぶときなのですが、たまにはこのような楽しい理由で泊まるのもよいかと思います。

 きょう火曜は大学院の授業をしているので、そのとき、「まえの晩、みんなといっしょに酔っぱらうほど酒をのんでいたのに、もっともらしい顔をして授業をするのがはずかしいです」と心情を吐露し、笑われました。

P6295950

P6295952

 木島さんからは新潟のおみやげで「カレー豆」と、かわいらしい箱にはいったお菓子をいただきました。ありがとうございます。
 カレー豆は、かいこ豆を炒って、カレー味をつけたもので、弥彦というところの名物だそうです。今夜、夕食のあとのデザートに、こどもたちといっしょに少しいただきました。豆自体の味でしょうか、ほんのりとした甘さもあり、絶妙な味でした。
 お菓子はまだ開封していませんが、これまた、こどもたちといっしょにいただきたいと思います。

 きょうは、献本もあいついで2冊いただきました。

P6295946

 ひとつは、高垣敏博監修『スペイン語学概論』(くろしお出版)です。今春から科研費でごいっしょしている九州大学の山村ひろみ先生と、前の職場で同僚だった木村琢也先生(現在は清泉女子大学勤務)が連名で送ってくださいました。各分野の専門家がしっかりとした記述をしておられ、たいへん内容豊かな概説書です。

P6295948

 もう1冊は、(いまでは明かしてよい時期になっている経歴ですが)大学入試センターで出題委員をしていた当時ごいっしょしていた宮本陽子先生(広島女学院大学)による『近代における幸福の分配』(英宝社)です。一見わたしの研究とは関係のなさそうな書物ですが、ひきあいに出されたルソーやサド、ボードレールの著作は、コミュニケーション論のうえでも重要ですので、楽しみによませていただきます。