日 録

まえの記事 つぎの記事
 きょうまでの3日分をまとめてしるす。 

 2015年2月23日(月)
 遠方にいる妻の祖母(94歳)が転倒して入院し、あまりよくない状態だというので、妻には日がえりでお見まいにいってもらい、わたしはこどもたちの学校からの帰りをむかえるため、るす番をする。
 夕刻、帰途についた妻からメールで連絡をうけ、行ってみると話にきいていたよりずっと元気で、食欲ももどり、リハビリに精をだしていたとのことで、大いに安堵する。こどもたちもよろこんでいた。
 また、こどもたちの学校が春やすみになれば、われわれ家族4人そろってたずねて行くことにする(順調にいけば、そのころには退院しているかもしれない)。祖母もそれをたのしみにしているそうだ。

 2015年2月24日(火)
 明日は前期入試、および同日実施の他種の入試があり、わたしは裏方(入試実施委員)のしごとをしなければならないので、確実に朝からいられるよう、きょうはつくばに前泊する。
 入試にそなえて、つくば駅からの関東鉄道バスはすでに増発体勢で、下見にきた受験生をむかえていた。

P2245058

 卒業判定の書類(教育課程委員のしごと)もきているかもしれないので、いくらか早めにいったが、きょうのところはまだ来ていなかった。
 3月10日、日本フランス語学会研究促進プログラム「パロールの言語学」の福岡での研究会に世話人のひとりとして参加する予定なので、3月10日から11日までの出張伺いを書いて提出する。
 二十数年前学生だったころにちょくちょくきた、なつかしい « クラレット » にゆき、夕食にえび、いか、しゃけのミックスフライをたべる。さすがに満腹した。

P2245060

 2015年2月25日(水)
 試験そのものはいずれも10時からで、受験生が試験場に入ることができるのは9時10分からだが、わたしが試験場に入った8時まえにはすでに受験生がちらほら来ていた。

 わが人文学類では、前期入試のほか、私費外国人留学生試験を実施する(昨年とちがって、学士再入学は志願者がいなかった)。
 異種の入試が時間的に同時平行なので、気をつかい、あわただしい思いをしたが、病欠なさった先生の交代をお願いしたこと以外、わたしの担当範囲ではさいわい問題が起きることはなく、19時30分ころに業務はすべて終了した。

 人文学類では、前期入試の競争倍率が昨年度の4.0倍から今年度2.8倍に減少した。
 これにはいくつかの要因が考えられる。
 ひとつは、今年度からセンター試験で数学Iにくわえて数学IIも課するとともに、理科も2科目を課するようになったため、以前よりも敷居が高いと感じ、敬遠したひとがけっこういたのではないかと思う。すぐれた志願者だけが残ったとも考えられる。
 もうひとつは昨年、文部科学省が、人文科学系の学部の改組を推奨するなど、ある種のネガティヴキャンペーンをした影響もあるのではないか(じっさい、今年度は「文学部」と名のつくところは、名の知れた国立大学でも競争倍率がひくくなっているところが多く、北海道大学、広島大学などは2倍を下まわっているようだ)。
 せめて、志願者が減少しても、質的には、逆風にもかかわらず強い信念で人文系の諸領域をまなびたいという、少数精鋭の学生が来てくれていることを期待したい。