日 録

まえの記事 つぎの記事
 例年どおり12月25日、大学に卒業論文と修士論文をひきとりにいって、実質的なしごとおさめだった。
 もちろん、それらを読むこともふくめて、冬やすみの宿題を多くかかえていることはまちがいないが、ひとまずは疲れをいやすべく、妻とこどもと4人で、越後湯沢に行ってきた。
 昨年の同時期、野沢温泉に行って、こどもたちも「また雪のなかの温泉に行きたい」というので、今回は越後湯沢にした。
 われわれ家族はだれもスキーをしないので、もっぱら温泉につかることが目的だ。

PC264815

PC264812

 川端康成の『雪国』の劈頭、「国境(くにざかい)の長いトンネルをぬけると、雪国であった」をおもいおこすように、上州側から越後側へと出てくると、たいへんな雪の別世界がひろがっていた。
 例年は12月から2メートルもつもることはまずないのに、ことしはとくに雪が多いそうだ。
 滞在中もほとんどずっと雪がふりつづいていて、あまりまちなかを歩きまわることはできなかった。

PC264831

PC264832

PC274860

 越後湯沢駅の構内に、「ぽんしゅ館」という、日本酒を主題化した商業施設があり、利き酒コーナーもあった。
 その入り口に、酒に酔って寝ころがるおじさんと、壁に手をついて(おそらく)吐いているおじさんのオブジェがあったが、日本酒の施設が酒のネガティヴな面を押し出しているようで、おかしかった。

PC264821

 スキー客も多く、大きなホテルはどこも満杯だったので、ちいさな宿にとまったが、温泉もここちよく、食事もおいしく、なかなか快適だった。
 最近では、宿泊施設にもインターネットのくちコミがあり、大きな失望を味わうことはなくてすむ。

PC274858

PC274854

PC274849

PC274846

 小学校1年生の娘は、宿の庭先で、すこし雪あそびをしていた。
 雪つぶてをつくろうとしても、パウダー状の雪なので、なかなか固まらないことを不思議そうにしていた。

 宿の温泉もわるくはなかったが、じつは温泉としてよかったのは、駅に併設された日がえり入浴施設、「湯の沢」だった。
 「ぽんしゅ館」に併設だけあって、湯船は酒風呂だが、もちろん、温泉にほんのすこし酒を加えているだけなので、こどもでも酔うようなことはない。
 湯の温度が熱すぎず、絶妙な加減で、風呂あがりにくつろぐスペースも快適だった。
 ここなら、越後湯沢に泊まらなくても、通りがかりに途中下車してでもたちよることができるので、またこようと思う。

PC274863

 もう少しあるきまわりやすかったら、「コマクサの湯」などにも行ってみたかったが、これはまたの機会に。