日 録

まえの記事 つぎの記事
 くもりときどき雨。関東・甲信越地方もきょうから梅雨にはいったらしい。例年よりかなり早い入梅だ。

 きょうはフランス語学会の編集委員会。
 委員会がおわったあと、フランス語学会の例会もあったのだが、今月末しめきりの大きな「宿題」がさっぱり進んでおらず、せっぱつまっていたことと、きょうの発表者の同一題目の発表を1週間前に名古屋で聴いていたことから、例会は失礼してしまった。

http://news.livedoor.com/article/detail/5587743/
からの引用:
 ITmediaの記事によると、最初に購入したスマートフォンが「iPhone 3G/3GS」だったという人たちと「iPhone 4」だった人たち、そして「Android機」という人たちはそれぞれ異なるユーザー層だったという。

iPhone 3G/3GSを最初に購入したユーザーは「スマートフォン第1世代」に当たるそうで、男性が多数、平均年齢は39.6歳。ファッション/外見をあまり重視しないという層だそうだ。一方、iPhone 4を最初に購入した「第2世代」は「平均34.8歳、最新トレンドを重視」する傾向にあったという、また、Android端末が最初のスマートフォンという「第3世代」は平均37.2歳で、「生活より仕事を重視」という傾向があるそうだ。

最初に購入したスマートフォンがW-ZERO3だった層はどんな集団だったのか、(だいたい想像はつくが)気になるところである。

 「だいたい想像はつくが」でかたづけられてしまった層に、わたしは属している。
 どうせ、「だいたい想像はつく」でしょうよ、といいたくなるが、よくよく考えてみると、わたしは、W-ZERO3 が「最初に購入したスマートフォン」であるばかりでなく、それ以前は、「スマート」でない携帯電話さえもっていなかったのだった。こんなことも「だいたい想像はつく」のか?(¬_¬)