日 録

まえの記事 つぎの記事
 晴れて、あたたかくなる。
 気管支ぜんそくの医療費助成の更新申請など、いくつか用件がたまっていたので、町田市役所にゆく。

PB214657

 めずらしく余力があったので、複数の古書肆をみてまわり、ふだん読むための気にいった書物を4冊ばかり買ってきた。
 前任校に勤務していたころは、町田の中心街にもよく来たものだが、いまはめったに来ない。よく来ていたころからは、かなりさまがわりした。
 « 東急ハンズ » が自社ビルから撤退したり、旧 « 大丸プラザビーミー » が « モディ » になるなど、入れかわりがはげしく、記憶のなかのまちと一致しないが、その記憶を修正できる機会もすくないので、結局、ピンポイントで知っているかぎられたところにしか行かない。

PB214662

 * * * * *

 スペイン演劇研究者の古屋雄一郎さんから、共訳書『現代スペイン演劇選集I』の献本をいただいた。
 すこし読ませていただいたが、話しことばにふさわしい、よくこなれた日本語訳で、生田耕作をおもいおこすようだった。
 また、「モロッコの甘く危険な香り」の終わり近くで語られている夢の国とは正反対のディストピアに生きていることを思わずにはいられない。

PB194656

 * * * * *

 きのうまで、自宅では、NTT東日本の « FLETS光 » で、プロヴァイダーの朝日ネットの対応プランとくみあわせて電話とインターネットを利用していたが、きょうから、通信速度国内最速をうたうSo-netの « Nuro光 » にのりかえた。それでいて、月々の料金もNTTより2000円ほど安くなった。
 屋内配線工事(外壁端子から光コンセントまで)、ならびに屋外工事(電信柱から自宅まで)は先週すませていたが、NTTからの番号ポータビリティー適用を希望していた関係で、Nuro光電話が開通するまで1週間かかり、ようやくきょうから全面的にSo-netに切りかわった。パソコン、電話をつなぎなおし、すべて異常がないことを確認した。
 3年半ほどまえ、ADSLからFLSTS光にきりかえたときに、たのみもしない付帯サーヴィス(有料)をあれこれ勝手につけてくるなど、NTTの代理店の対応が最悪だったので、できることなら早くやめたいと思っていたが、やっと思いどおりになった。
 上述の番号ポータビリティーにくわえて、従前のプロヴァイダー、朝日ネットとも、ホームページ、メールアドレスなどのサーヴィスのみ残すかたちでプラン変更したので、電話番号、家庭用メールアドレス、ホームページアドレスなどは一切変更しなくてよい。これもストレスが少なくてありがたい。