日 録

まえの記事 つぎの記事
 昨日まで3日間、毎夏恒例の研究会合宿のため軽井沢に行ってきた。
 とくに初日は、東京でも10月中旬なみの寒さだったので、軽井沢では結局14度ほどの気温で、ただただ寒かった。しかしそれでも、個人的な好みでは、猛暑よりはずっとマシと思ってしまう。
 霧のかかる軽井沢駅付近。標高が高いことを考えると、「霧がかかっている」というより、「雲のなかに入っている」というほうが正しいだろう。

P8274233

P8274234

 会場は例年のように文化軽井沢山荘(文化女子大などの文化学園の施設)。

P8284239

P8284245

 ここは食事が豪華で、とてもおいしい。ビールがすすむ(笑)。

P8274237

 研究会は、ことしの参加者はわたしも入れて8人だった。いろいろな情報交換ができ、有益だった。
 とくに興味をもったのは、福岡大学の山本さんが紹介・論評しておられた、Jan Goes の論文、"Quand c'est pareil, ce n'est pas identique" だ。自分でもあとで読みたいと思う。
 http://studiidelingvistica.uoradea.ro/docs/3-2013/pdf-uri/Goes.pdf

P8304247

 軽井沢からかえってきたら、8月4日の記事で言及した『コルシカ語基礎語彙集』がとどいていた。
 コルシカ語そのものについて(つまり、コルシカ語をとりまく社会的条件などではなく、言語自体について)日本語で書かれた本としては、これがはじめてではなかろうか。
 附録の文法概要など、内容については、後日まとめて言及したいと思う。