日 録

まえの記事 つぎの記事
 すこし遅れて、先週末までの記録をのこしておく。

 * * * * *

 夏休み前の大学院の平常授業は、ちょうど先週までで輪読している文献を読了したので、それでおわりということにした。
 最終回の授業がおわったあと、その場で大学院生のみなさんといっしょに、サヴォワの赤ワインをのんだ。
 サヴォワ地方は寒いところで、赤ワインという印象はあまりなかったが(そして実際、南方的な強い渋みはないが)、香りがよくて、おいしかった。
 
P7233877

 このワインは、いま休学してグルノーブル大学でニホン語教員をしている大学院生のTさんが、夏休みに一時帰国したときにおみやげでもってかえってくださったものだ。
 テロ対策のため、液体を飛行機に少量しかもちこめなくなってからというものの、ワインをもちかえるにはあずけ荷物にしなければならず、荷役でスーツケースが投げられたりして、なかで瓶が割れたらいやなので、わたしはけっして酒を外国からのおみやげにしなくなった。それにもかかわらず、Tさんはリスクを負ってもちかえってくださったのだ。みんなでありがたくいただいた。

 * * * * *

 そして先週末は、土曜(26日)に、まいとし恒例の同窓会があったので、大阪にとんぼがえりした。
 新大阪から大阪にむかう在来線の電車が、淀川にかかるながい鉄橋をわたるとき、たしかにかえってきたという気になる。

P7263878

P7263885

P7263886

P7263888

P7263892

P7263894

 そして、道頓堀こそは、大阪の牽引的中心(centre attracteur)だ。ここにつくまえから、「赤い灯ぃ~、青い灯ぃ~♪」の『道頓堀行進曲』をうたいたくなる。



 もとより、わたしは帰属意識の稀薄な(つまり、ひとことでいえば無責任な)人間なので、同窓会になどまったく行かないのだが、このグループだけは偉大な例外だ。わたしが高校2年生のときにできたグループなので、ことしで30周年になる。ゆるやかなつながりだが、よくつづいている。「弱い紐帯の強さ」の一例かもしれない。
 ことしは、道頓堀の松竹座の地下にある酒肆≪和音≫で、19時から22時前まで飲んできた。野菜がたっぷりはいった、蒸し料理がおいしかった。

P7263895

 東京もたいがい猛暑だとおもっていたが、大阪の方が数段暑かった。

 * * * * *

 日本フランス語学会で、わたしが当初よびかけ人3人のうちのひとりになって、「パロールの言語学」と題した研究プログラムをたちあげた。
 まだはじまったばかりだが、がんばりたいと思う。

 募集時案内(趣意など):
 http://www.sjlf.org/?p=1392

 課題採択後の広報(参加者、研究課題):
 http://www.sjlf.org/?p=1484