日 録

まえの記事 つぎの記事
 きのうときょうの記録をまとめてしるす。

 2014年6月24日(火)
 くもりときどき雨。
 関東一円で雷雨が頻繁に起きる不安定な天気の代償に、冷涼だ。
 調布あたりでは雹がふり、雪のように積もったらしい。
 しかし、幸運なことに、わたし自身が屋外をあるく時間と場所にかぎっては、うまく雷雨をさけることができ、一度も雨にふられなかった。

P6243835

 かねてよりの予定のとおり、髭郁彦さんを筑波におまねきして、講演会をひらく。
 大学院の授業の延長のような、こぢんまりとした会ではあったが、学外、それも横浜から聴きにきてくださったかたがいらして、たいへんおどろいた。

■講師
髭 郁 彦
(中央大学非常勤講師)

■題目
「意識と無意識の間で : 語る主体の理論的考察」
近代言語学の基盤を作ったソシュールの『一般言語学講義』とその影響を大きく受けたラカンの精神分析探究を中心的に考察しながら、モダリティ研究と深く関わる「語る主体」の問題を理論的に検討していく。

■日時
2014年6月24日(火)14時30分〜16時30分

■場所
筑波大学第1エリア1B210教室

 ラカンはソシュールをよく読み込んで、自説をはぐくむ際に生かしているらしい。
 しかし、ラカン研究者、ソシュール研究者は、精神分析、言語学という別の領域にわかれているので、それらの領域をまたいだ理解があまり進んでいないという。
 ラカンが主張する言語主体の多重性は、ちょうど、言語学のわく内で研究されているポリフォニーに比せられるものであると同時に、ソシュールの「ラング」を≪超我≫的な共同主観を通してとらえなおすような意義があると思われた。

 おわったあと、大学近隣の≪西安≫にゆき、ビールとハイボールをのみながら話す。
 ≪西安≫は本来は刀削麺の店なのだが、茄子と山椒の揚げ物が絶品で、これをたくさん食べて、たいそう満足した。

P6243838

 髭さんの講演会と、そのあとの飲み会が楽しかったことはいうまでもないが、それにくわえて、教育実習のため3週間留守にしていて、その期間をはさんできょうまで4週間も会えなかった院生の「えるたそ~」さんと再会でき、個人的にはとてもうれしい日になった。

 2014年6月25日(水)
 授業ひとこまと会議のため、筑波に出勤。
 きょうも、つくばエクスプレスの車内からは雨がふっているのをみたが、わたし自身が外にいるときは一度も雨にふられなかった。

P6251401

 ことしの4月にでたばかりで、註文していた Louis Guilloux : Souvenirs sur Georges Palante が到着した。
 かえりみち、Yannick Pelletier による13ページにおよぶ長文の序文をよむ。なかなか感動的だ。