日 録

まえの記事 つぎの記事
 晴れて、暑くなる。東京の最高気温は29.0度。

 以前の虫歯の治療でかぶせていた王冠がとれてしまったところがあり、予約しておいた歯科に行く。
 まわりが虫歯になっていたようで、少しけずって(さいわい、たいしたことはなく、麻酔もいらないくらいだった)、型をとって、来週までにあたらしい王冠を作ってもらうことになった。

 そのほかの時間には、9月しめきりの論文のうちのひとつ(Voix plurielles 誌掲載予定)を書いていた。
 昨年口頭発表をしてきたアンジェでの学会の論文集にのせてもらうものなので、昨年の発表資料や原稿を少し手なおしすればよいはずだが、実際にとりかかってみると、「少し」の手なおしでは済みそうにない。
 たいへんではあるが、楽しくもある。雑務の苦しみにくらべれば、論文の苦しみは、甘美な苦しみだ。

 ムラサキカタバミがますます明るく咲いている。

P5303764

 そして、ことしも、庭のラヴェンダーがさきはじめた。なんの世話もしなくても、よく育つ。

P5303767

P5303766

 植えたのは上の2か所で、それぞれ別の種類だが、下の写真とおなじ種類のものが、自然に種が飛んだらしく、軒下のわずかな余地にも花をさかせるようになったので、育つにまかせている。こころなしか、勝手に生えてきたところのほうが元気なようだ。

P5303768