日 録

まえの記事 つぎの記事
 東京は連日35度を超す炎暑がつづいている。
 きょうは、13日土曜に帰国生入試のため出勤する予定とひきかえに代休をとり、祖師ヶ谷大蔵へ。

P7101549

 ここは円谷プロがあるところで、ウルトラマンのまちということになっている。
 駅構内には各種ウルトラマンの絵がかざられているが、わたしはぜんぜん知らない(汗)。ウルトラマンキングなんて、顔だけをみていると、むしろ悪役っぽいのだが?

P7101548

P7101547

P7101546

P7101545

 商店街も「ウルトラマン商店街」という。

P7101550

P7101551

 砧(きぬた)は、むかしの農道の名残りで、迷路状のまちといわれている。
 六叉路にさしかかり、ただしい道をあるいていることを確認。

P7101553

 行った先は国立成育医療研究センター。ここに娘が一昨日から入院しており、きょうの午後、全身麻酔で手術をうけた。

P7101573

 保育士が常駐していて、昼間は幼稚園か保育園のようにこどもの相手をしてくれたり、こどもに人形をあたえて顔をかかせ、手術をうける前日には、人形をつかって手術室に行ったりすることを擬似体験させ、こころの準備をさせるなど、小児科ならではのきめこまかな対応をしてくれていることが、たいへんありがたい。
 11時半ころから娘につきそい、遊び相手をした。14時30分から手術室に行く予定だったが、はじまるのが遅れて15時15分ころからになった。17時ころ、無事終わったという知らせがあったが、じっさいに出てきたのは18時ころ。時間がずれこんだこと以外には、とくに問題はなかった。
 手術にそなえて昼食をぬき、水さえのまないでのぞんだので、手術室にはいるまえには「おなかがすいた」としきりに訴えていた。麻酔がさめたあと、1時間後、2時間後にそれぞれ水をのめるかどうか確かめたうえで食事、という予定だったが、疲れたのか、あらためて昼寝をはじめてしまい、深くねむって、なかなか起きない。点滴で水分や栄養補給はつづけている。
 19時15分ころまで病院にいたが、あとは妻にまかせて病院を辞する。21時ころ自宅につく。岳父宅にあずかってもらっていた息子と再会。
 妻からのメールで、結局今夜はほとんどそのまま寝たことを知る。しかし、ひとまずは手術が無事おわったことをよろこびたい。順調に推移すれば、娘は明後日退院の予定。