日 録

まえの記事 つぎの記事
 快晴。きょうは連休のお出かけ企画ということで、10歳の息子とふたりで、茨城県のひたちなか海浜鉄道に「乗り鉄」に行ってきました(妻と娘は、いわゆる「鉄分」がすくないので、お留守番をしてもらいました)。
 ひたちなか海浜鉄道は、常磐線の勝田から那珂湊を経て阿字ヶ浦にむかうローカル線です。
 鉄路の敷設そのものはたいへんふるく、ことしで100周年になるそうです。
 ながらく茨城交通湊線として経営されていましたが、第3セクターに継承されて「ひたちなか海浜鉄道」が成立し、ことしで5周年ということで、記念イヴェントが多く開催されています。
 行政の援助も手あつく、乗客や鉄道ファンからの支持も強いようで、震災からの復旧も早かったとのことです。
 きょうもたいへんな人出で、とくに那珂湊駅はにぎわっていました。

P4281299

P4281301

 連結作業がはじまると、すぐに人だかりができます。
 昨今、とかく「撮り鉄」が傍若無人といわれていますが、ここでは、沿線にかまえる「撮り鉄」もふくめて、いたって牧歌的な雰囲気に感じました。

P4281312

P4281311

 1960年代のディーゼルカーを、国鉄時代の塗色を復元して使っているのは、鉄っちゃんのこころをくすぐります。

P4281303

P4281291

P4281293

P4281304

P4281314

 勝田・阿字ヶ浦間の全区間を往復しました。窓をあけると、太平洋からの風がここちよいです。

 往路にたちよった那珂湊駅で、鉄道写真展をみてきました。

P4281307

P4281305

P4281310

 じつは、ここでの出展者のうちのひとりが、桑村誠一くんという、中学3年生、高校1年生のころなかよくしていた、わたしのふるい友だちです。
 会場にも来ておられ、30年ぶりくらいで再会できました。
 おたがい中年太りはしたものの、むかしの面影があり、なつかしく思いました。

 桑村くんは北近畿タンゴ鉄道の写真を多くとっていて、ご自身のホームページ、「丹後鉄景」にも写真や情報を多数掲出しておられます。