日 録

まえの記事 つぎの記事
 2月11日の日記で言及した岡山大学での講演会の詳細がきまり、主催者がわから公開されましたので、このページにも情報を転記しておきます。

講演とシンポジウム「ことばと外界認知―日本語(方言)・英語・フランス語の構文からみえてくるもの―」 のご案内
(http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/news/data2013/e130318.html)

日時:3月18日(月)13時00分-17時30分

会場:岡山大学津島キャンパス・文法経1号館2階・文学部会議室
津島キャンパスへのアクセスについては、岡大HP(http://www.okayama-u.ac.jp/)のトップページ上部の「交通アクセス」ボタンをクリックし、「アクセス」のページの「津島キャンパス」を選択してください。

講演1 講師:渡邊淳也氏(筑波大学)
演題:「フランス語の「間一髪の半過去」と西日本諸方言における「未実現の「よった」」の対照研究」

 フランス語には「間一髪の半過去」という、あやうく起きかけたことをあらわす未完了の過去時制の用法がある。たとえば、Un peu plus, je tombais.(もう少しでわたしは転んでいた)のような例である。一方、西日本諸方言にも、転びかけたときに「転びよった」というような未完了過去の表現があり、よく似ている。両者を対照することにより、事態のとらえ方の異同をさぐる。フランス語の「半過去」の多様な用法の解説も前提的に行ない、フランス語の例文にはすべて日本語訳を添えるなど、フランス語にふれたことのないひとにもわかりやすい提示をこころがける。

講演2 講師:早瀬尚子氏(大阪大学)
演題:「英語の懸垂分詞構文にみる事態のとらえ方―日本語との対照研究」

 懸垂分詞構文とは、分詞句の主語が主節の主語と一致していない分詞構文をいう。たとえばWalking upstream, the finest aspect of Ben Nevis is revealed(上流に歩いていくと、ベン・ネヴィス山の美しい姿が現れてくる)のような例がそれにあたる。「歩いていく」のはもちろん「山」ではないため、このような主語不一致の表現は、英語では好ましくない非論理的なものとされ、教育現場でもそのように指導される。一方で、この懸垂分詞構文に対応する日本語訳はごく自然である。なぜこのような違いが見られるのか、両言語で対応する表現の対照を通じて、日英での事態のとらえ方の相違について考えたい。

シンポジウム:渡邊淳也氏、早瀬尚子氏、他 「ことばと外界認知」

一般聴講歓迎・入場無料

 もうひとりの講演者である早瀬尚子さんとわたしは、じつは30年前、高校でおなじクラスにいた元同級生で、のちにたまたま近接した領域を研究するようになったという奇遇にめぐまれました。
 当日は、たがいに問題意識の交錯をたのしむ機会になればと思っております。

 早瀬さんは先月も和光大学に招かれて講演なさり、わたしもききに行ったので、1月5日、12日の日録にも登場なさっています。
 しかし、1月につづいて3月にも招待講演とは、たいへん頻度が高いですね。この点、わたしなどとはくらべること自体が失礼なほどです (わたしのほうは、招待講演は2年ぶりです)。

 以下のポスターはいずれも、クリックすると拡大します。