日 録

まえの記事 つぎの記事
 寒の入り。その名のとおり、寒い。東京の最高気温は4.8度。
 はや正月も5日になり、つくづく思うのは、「時間がもっとあればなあ」ということだ。

 年々いそがしくなり、かつ年々「一切合財世も末だ」(Ⓡ友川かずき)という感覚が強まってきて、ほとんど正月を「祝う」という気分はなくなった。年末年始といえども、なるべく特別なことはしないようにしている。
 しかし、世間では休みだから、ありがたいことに、ほとんどだれも用事は言ってこない。
 そうすると、ふだんよりいくらかぶ厚くなった≪日常≫があるという感じになる。
 そのおかげで、12月初頭には(12月2日の日録に書いたように)70%の進捗状況だった主語不一致ジェロンディフの例文検索の作業が、12月現在の単純な比例計算を大きく上回るペースですすみ、きょう現在、すでに全体の88%に達した。
 同様の比例計算でいくと、あと55日ほど(3月初頭!)で終わるということになるが、これはいくらなんでも、とらぬたぬきの皮算用だろう。閑散たる冬休みと、これからくる年度末の繁忙期とでは、進みかたに天地の差があることは明らかだ。

 ところで、いまからちょうど1週間後の1月12日、和光大学で以下のような講演会がもよおされる。

 http://www.wako.ac.jp/what_new/2012/file/hayase_2013.pdf からの引用:
和光大学言語学研究会講演のお知らせ

懸垂分詞構文から対人関係機能へ -懸垂分詞句の構文化現象を考える-

講師 早瀬尚子氏 大阪大学大学院言語文化研究科准教授

◇概要◇
英語の懸垂分詞構文には、日本語で「発見の<と>」を用いた表現と類似の特徴が見られる。それは概念化者がある行為を行った結果、概念化者がある状態を知覚する、というシナリオ的事態連鎖を表すことである。この概念化者が典型的には話者と同一人物であることが多いため、このことから、この構文が話者の参加する発話の場に密着して用いられやすいことが示唆される。この構文的意味をもとに、いくつかの懸垂分詞句が単独で用いられるようになり、次第に意味変化を起こしていることを考察する。またそれらがいずれも、話の流れや評価に対してコメントをさしはさむといった、メタレベルでの対人関係的機能をもつようになっていることに触れ、全体として「構文化」という現象をおこしていることを主張する。

日時: 2013 年 1 月 12 日(土) 14 時~17 時
場所: 和光大学 E 棟 3 階 304 教室
どなたでもご自由にご参加下さい(参加費無料)。

平成 24 年度 2 回目の和光大学言語学研究会講演、今回は認知言語学研究でご活躍の早瀬尚子氏を講師にお迎えします。懸垂分詞構文という英語における周辺的現象を手がかりに、事態把握と文法の関係、文法の変化、日英語の差異といった言語学の中心的テーマについて考える貴重な機会です。研究者・学生及び専門分野を問わず、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

和光大学へのアクセス:小田急線鶴川駅下車徒歩 20 分

 第1に、この講演のテーマである英語の懸垂分詞は、わたしが(上記のとおり)現在フランス語で調査している主語不一致ジェロンディフと対応する現象であること、第2に、講演者の早瀬さんはわたしと高校1年のときに同級生であり、現在もありがたく交流させていただいていること、さらに第3に、和光大学はわたしの住む町田市内で、近隣であること、以上3つの理由がかさなり、ぜひ聴きに行こうとたのしみにしている。

 ところで、類似の現象をさすにも、英語には「懸垂分詞 dangling particle」という便利な呼称があるのに対して、フランス語ではきまった用語はないようだ。「主語不一致ジェロンディフ」というのは、いちおうわたしが考案したよびかただが、ニホン語で書くときにかぎるものであり、フランス語に翻訳しようとするといまひとつうまくいかない。
 わたしの知るかぎり、Odile Halmøy による「非同一指示ジェロンディフ Gérondif non-coréférentiel」というのがフランス語ではいちばん簡潔ないいかただが、それはいきなりは使いづらく、最初は「支配節と同一指示ではない(暗黙の)主語をもつジェロンディフ Gérondif ayant le sujet (implicite) non-coréférentiel avec celui de la proposition régissante」のように、だらだらと説明的にいわざるを得ない。

[2013年2月26日追記] 上記で見せ消しにした呼称についてですが、引用しようとおもって Halmøy を読みかえしたところ、すくなくとも2003年の著書では Gérondif non-coréférentiel という用語はつかっておらず、le cas de la non-coréférence といった間接的な呼びかたしかしておりませんでした。この点を訂正いたします。