日 録

まえの記事 つぎの記事
 くもりときどき晴れ。つくばの最高気温は13.3度。
 変則的3学期制の筑波大学では、きょうが試験期間の最終日で、明日から月末まで、つかのまの秋休みだ(12月から3学期)。
 しかし、なんども書いているが、来年度からとうとう開学以来40年間維持してきた3学期制を撤廃し、ふつうの大学らしい2学期制に移行するので、この時期の試験や休みはことしが最後だ。
 わたしは疲れやすいたちなので、すっかり疲れきるまえに小きざみに休みが来る3学期制も嫌いではなかったが、9月や2月など、ほかの大学が休みの時期に学期中というのもなかなか不便ではあるので、変更もやむをえないかと思う。

 きょうは2こま試験を実施した。11日にひらかれた北京大学、中国人民大学と共催のシンポジウムにパネリストとしていらしてくださり、知り合っていた愛媛大学の塚本秀樹先生がご恵投くださったご著書を、ちょうどきょう拝受していたので、試験監督の合い間にいくらか読んだ。
 塚本先生によると、日本語と韓国語を対照すると、日本語では語と文の境界領域が一部融合しているが、韓国語はそれらをはっきり区別するようになっているという。たしかに現代日本語は、用言の連体形と終止形が大多数の場合おなじになっていることだけを見ても、語と文の境界は不明瞭だ。フランス語の擬似関係節 (Madame, votre broche qui s'accroche! (Grégoire, 1949)) なども、文であるかどうかがはっきりしない例なので、その意味ではフランス語は日本語と似たところがあるように思う。
 2こまの試験のあとは、1こま、期末課題を回収するついでに、試験期間ではあるが例外的に平常授業をした。標準履修年次2年生の科目だが、いまの2年生はきわめて優秀なひとが多い。東日本大震災の直後、余震がつづき、原発事故の恐怖も大きいなか入学した層なので、学業に対する覚悟がちがうのかもしれない、とさえ思う。

 16時45分から、人文社会科学研究科文芸言語専攻の大学院説明会。
 50人近い空前の来場者数で、異変といってもよいほどの盛況だった。
 そのため、例年のように当初から大学院生が同室に入ることができず、説明の出番がまわってきたときに呼び込む形になった。
 領域所属の大学院生のうち、ふたりにきてもらって、いっしょにフランス語学領域の紹介をした。
 その後、フランス語学領域の個別説明をききにきてくれたひとはふたりいた(ふたりとも学外から)。
 そのうちのひとりは、昨年夏から今年夏まで1年間、ジュネーヴに交換留学で行ってきて、現在4年生。今度の2月期入試を受けてくれるという。卒論のテーマは単純未来形で、わたしとも関心が近い。
 もうひとりは3年生なので卒論はまだ先で、大学院を受験するとしても次年度だが、リヨンでの短期研修に参加したことがあるなど、熱心なようすだった。
 領域ごとの説明、質疑応答をふくむ全体会が19時ころまでつづき、個別相談に応じていると20時ころになった。
 全体的に、たいへんな熱気で、いったいどこにこれほど熱心な学生たちが、しかもこんなに大勢いたのだろうと思うほどだった。

 フランス語学領域では、7月期入試ですでにひとり、学内からの入学を決めた学生がいる。2月期もすくなくともひとりは受験してくれるので、うまくいけば、来春もまた複数の入学生を迎えることができるだろう。