日 録

まえの記事 つぎの記事
 きょうは学外会議のしごとがおわったあと、17時に渋谷の井の頭線の改札をでたところの、岡本太郎の壁画のまえでお仲間とまちあわせる(まちあわせているとちゅうに、とおりかかったKさん(今夜のお仲間とはまったくべつの方面の)とぐうぜん会った)。
 そして、「精力絶倫」の看板が目立つ≪うな鐡≫に7月以来4か月ぶりにゆき、うなぎの串焼きや白焼き、かば焼き、うなぎの肝のつくだ煮などをたべながら、酒をのむ。

PB150618

PB150619

PB150621

 19時から、≪うな鐡≫からもほどちかい、その名も≪VIN≫という店に移動し、きょう解禁されたボージョレーの新酒と、ボージョレー・ヴィラージュの新酒をのむ。
 「うぇっ、ボージョレー・ヌーヴォーってこんなに酸っぱかったっけ?」とおもったら、同席したひとたちもやはり、ことしのは酸っぱいとおっしゃっていた。
 ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーはもともと好きだったが、やはりこちらのほうが渋みがあり、おいしく感じる。

PB150623

 この店は、ラタトゥイユがおいしい。
 また、木くらげのような真っ黒のきのこの名まえは、trompette de la mort。これをたべながら、店内でブラッサンスの≪Trompette de la Renomée≫を大合唱してしまった。同好の士はええのう(笑)。

PB150624

 新酒解禁の日にもかかわらず、店はすいていて、空席がけっこうあった。まいとし、解禁日翌日の金曜のほうが客が多いときいた。これはニホン的現象かもしれない。