日 録

まえの記事 つぎの記事
 きょうは二十四節季の「立冬」。きのうふっていた雨が朝にはあがり、午前中はくもり、午後からは快晴。

 筑波に出勤の途上、10月18日の日録( http://palantien.blog137.fc2.com/blog-entry-108.html )に登場したIくんからメールがきて、筑波の大学院(わたしの所属する専攻ではなく、「おとなり」の専攻)に合格したという知らせをうけとる。たいへんよろこばしい。さっそく返信で祝辞をのべ、さらに、大学についてから、かれの指導教員になるはずの先生がたにメールしておく(さすがに入試のまえに「よろしく」というのは節度を欠くので、合格発表までは、Iくんについて言及することを控えていた)。

 筑波は出勤するたびに紅葉のいろづきが濃くなってくる。いい季節だ。
 いつものように授業をして、研究会で発表をして、雑務もこなして、そこそこたいへんな1日だったが、万事ここちよく乗りきることができた。

PB070549

PB070551

PB070553

PB070556