日 録

まえの記事 つぎの記事
 今週末はフランス語フランス文学会秋季大会のため、神戸大学に出張しきた。
 神戸大学にはきのう初めて行ったが、阪急神戸線で六甲に出て、そこから歩くつもりで(学会の案内パンフレットには、阪急六甲駅から、タクシーでも5~10分、徒歩でも10分と書いてあった。タクシーでも徒歩でも同じ時間かかるかもしれないというのは、どういうことだろう?)。

PA200460

PA200462

PA200464

 しかし、駅を出て案内地図を見ると、わかりづらい! どの道を行ってよいものやら。

PA200465

 あまりわからぬまま、方角のみ記憶して、てきとうにあるきはじめる。ずっとのぼり坂なので、道をまちがえると体力をむだにするという危惧もある。

PA200467

PA200469

PA200470

 しかしさいわい、あまり大きなまわり道はせずに、農学部の一角に入ることができた。山の上にあり、さわやかな場所だ。

PA200472

 学会実行委員会が用意した地図も、たいへんわかりづらい。理学部と文学部しか地図になく、大学全体のなかでどんな位置にあたるのかさっぱりわからない。神戸大学にべつの学会で来たことがあるというひとのはなしによると、そのときの案内書類にも同様の欠陥があったというから、察するに、これは、自分の学部だけわかればよいという、神戸大学固有の病理なのだろう(笑)。

kobe

 学会そのものは、言語学関係の発表が充実していて、たいへんおもしろかった。
 おわったあと、わたしよりよく道を知っているひとに先導してもらって、六甲のまちなかに歩いて降りる。夜景がきれいだ。

PA200475

 語学分科会第2部の発表者だったかたがたとともに、JR六甲道駅にほどちかい鶏料理店、≪一期一会≫にゆき、ビール、焼酎、ニホン酒をのみながら話した。

PA200476

 料理はおいしく、わたしとしては好き勝手な話もして、たのしい夜になった。