日 録

まえの記事 つぎの記事
 晴れて、昼間は暑い。きょうの東京の最低気温は16.9度、最高気温は25.7度。

 最近、つかれているせいか、初歩的なミスが多い。気をつけなければならない。
 先週は、私信のつもりで同僚に返信したところ、それがメーリングリストあてになってしまい、あまりあちらこちらで明かしてはいけない情報が実質的に共有されてしまった。
 共有されたところで、まだ閉じたグループだからよかったものの、あまりにもありがちなミスにふさぎこんでしまいそうになった(もとのメールは、ヘッダーをみると、メーリングリストあてとかさねてわたしにカーボンコピーとしても送られていたため、見かけ上メーリングリスト経由で受けとった気がしなかったのだが、よくかんがえると、わたしも問題のメーリングリストにはいっているのだった)。

 まる1週間まえに枚挙して嘆いた案件のうち、最初のふたつ(論文)は、先週末でなんとか形になった。
 いちばん苦痛でなくとりくめる案件からかたづけたともいえるが、論文は、すきな課題であると同時に、事務しごととちがって、時間をかければすすむというものではなく、思うにまかせないので、正直にいって、さきに見当をつけておきたかった、ということもある。
 つづけざまに2本も論文をあげたのでは、どこかから「粗製濫造」という声がきこえてきそうだが、反論するならば、(1)そもそも濫造といえるほど多産ではない、(2)今回しあげた2本はたがいにまったく無関係のテーマなので、かぞえかたに手かげんはない、ということで、まあ、かんべんしてもらおう(だれに?)。
 それから、2期制移行の案件についても、明後日言語学主専攻の内部で打ち合わせがあることに追われて、かつ、論文完成の余勢をかって、(わたしとしてはめずらしく)精力的に作業をして、いちおう当面の責めはふさいだつもりだ。 
 のこる科研費の申請も、先週、学内でのチェック用の原稿を事務方に送っておいたので、いましばらくは待ちの態勢だ。

 ああ、あとは学類ホームページのリニューアル問題か(鬱)。

 まいにち、たいへんではあるが、わたしは過労でたおれることだけはないと自負している。
 なにしろ、生来「なまけ者リミッター」を装着しているので、精神的にはともかく、身体的には本当の過労にはならないだろうと思う。

[後日追記] この日からつくばエクスプレスのダイヤが改正された。
 新設の種別である「通勤快速」は朝ののぼり、夜のくだりで運用されるので、逆方向を利用するわたしにはかかわりないが、その他の便の時間もかわったので、どの便にのれば便利かなど、しばらく研究するつもりだ。



 http://www.mir.co.jp/company/release/2012/1015.htmlからの引用:

10月15日(月)にダイヤ改正を実施いたします。
〜輸送力を増やし、利便性の向上を図ります〜

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長:石井幸男 本社:東京都台東区)は、平成24年10月15日(月)にダイヤの改正を実施いたします。
 今回のダイヤ改正は、車両3編成の増備および秋葉原駅改良工事、南流山駅ホーム延伸工事が完了し、輸送力増強対策が整ったことにより実施することといたしました。列車の増発や運行区間の延長などにより、輸送力増強および運行頻度の増加等を行い混雑緩和や利便性の向上を図ります。また、平日の朝・夜間ラッシュ時間帯に「通勤快速」を新設し、速達性を確保しつつ、混雑の平準化やお客様へのサービスの改善を図ります。
 【ダイヤ改正の主なポイント】
 1. 平日(上り)の朝のラッシュ時間帯の最混雑1時間当たりの運行本数を、現在の20本から22本にします。
 2. 平日(上り)の朝のラッシュ時間帯に「守谷〜秋葉原間」では普通列車を3本増発、「つくば〜守谷間」では列車の運行区間延長や種別変更をし、区間快速列車を2本増発します。
 3. 平日のラッシュ時間帯【朝(上り)および夕・夜間(下り)】に「通勤快速」を新設します。
 「通勤快速」停車駅
 秋葉原〜北千住間の各駅、六町、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばの計13駅
 ※通勤快速の運転時間帯は、快速の運転は行いません。
 4. 平日・土曜休日ともに秋葉原発つくば行き最終列車を、現在の23時30分発から15分繰り下げて23時45分発とします。
 5. 平日の夕・夜間時間帯に列車を増発および運行区間の延長(区間増発)を行います。「秋葉原〜守谷間」1本増発、「守谷〜つくば間」3本区間増発
 6. 土曜休日の夕・夜間時間帯の運行間隔の改善