日 録

まえの記事 つぎの記事
 10日ほど間があいてしまった。
 筑波では、来年度からの2期制移行にむけて対応の相談が輻輳しているなど、気ぜわしい日々だ。
 しかも、10月には2本の論文のしめきりが同時にくるので、刻苦勉励している、、、などとわたしがいうと、うそくさいか。

 きょうは晴れときどき雨。きのうまでの、30度を超える暑さではなくなったが、湿度がたいへん高く、しのぎやすくはない。
 かねてよりの予定どおり、岡山大学の金子真さんを筑波にお招きして、講演会( http://palantien.blog137.fc2.com/blog-entry-99.html )を主催した。来聴くださったみなさま、ありがとうございました。

 当初は講演会終了後、大学近隣の酒肆で懇親会をしようともくろんでいたのだが、今回は金子さんのご都合により、懇親会を実施しないこととなった。
 それで今夜の予定が空いたので、帰宅途中に代々木上原の≪ギャラリー上原≫にたちより、もういちど小柳優衣さんの個展をみてきた。
 会期中に会場で制作した作品を追加するなど、展示変えをしたとのことで、それを見たかった。
 Synæstesia(共感覚)。小柳さんの作品をつらぬく主題だと思う。

P9210373

 大学時代に小柳さんの同級生で、いっしょにわたしの授業に出てくださっていた方も、遠くからいらしてくださることになり、ギャラリーで落ちあったあと、いっしょに代々木上原で夕食をとった。
 駅からほどちかい、≪Le Départ≫ というお店を通りかかりに見かけてはいり、コート・デュ・ローヌをのみながらラタトゥイユ、ラザニアなどをたべたが、どれも創意がゆきとどき、たいへんおいしい料理だった。ご主人がすべてひとりで切り盛りしておられることにもおどろいた。
 となりのテーブルのかたがたともお話しし、≪ギャラリー上原≫からも近い場所だったので、小柳さんの個展の宣伝もさせていただいた。たのしい夜になった。

P9210376

 NHK大津の≪おうみ探検隊≫で放映された小柳さんの動画を貼りつけておく。こころざしの高さが伝わってくる。