日 録

 最近、ニホンでは、「プレミアムフライデー」という概念が売りだされているが、月末限定というのはあきらかに中途半端で、腰が引けている。
 毎週プレミアムフライデーにしようぜ、などと思っているうち、George Strait のなつかしい « Friday Night Fever » を思い出した。


 一方、Bee Gees が « Saturday Night Fever » という曲をつくっており、そちらのほうが有名なので、あるひとから、« Friday Night Fever » というのはまちがいではないかといわれたことさえある。ほんとうは両方あるのよ。


 いっそのこと、« Everyday Night Fever » でよいのではないか。

 * * * * *

 ともあれ、今夜は « Friday Night Fever » ということで、しごとがおわったあと、錦糸町にくりだした。
 錦糸町は通りすぎることはあっても、まともに来たのははじめてで、予想以上に都会的でおどろいた(笑)。

P7212991

 行き先は、« 東京穆斯林飯店 »。「穆斯林」は「ムスリム」とよむ。ハラール(中国語では「清真」)の中華料理だ。

P7212995

P7212998

 店内の壁に、バスマラが額装されてかざられていた。

P7213003

 添え書きされた「奉普慈特慈的真主之名」というのが、「慈愛あまねき、慈愛深きアッラーの名において」の中国語訳だ。
 左下の署名もあわせて、中国の書の形式にとりいれられていることがわかる。
 中国におけるアラビア書道について、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編『アジア文字入門』(河出書房新社、2005年)57ページに、「まずアラビア書道では常識であるカラム(葦や竹の先を削ったペン)ではなく毛筆です。そのため、アラビア書道では嫌われ漢字書道では重んじられる『画雲』とよばれる墨のかすれがあらわれています」と書かれていた。
 « 東京穆斯林飯店 » にかざられている作品にも、筆に特有の「画雲」がみられるように思う。

 * * * * *

 修士を取得なさり、今春から翻訳事務所に就職なさった元院生のブランシュ・ネージュさまを中心に、総勢5人でテーブルをかこみ、こうむるように飲んできた(酒をのむのはハラールなのか、というツッコミは置いておいて)。
 ブランシュ・ネージュさまとは学位記授与式以来4か月ぶりの再会だったが、あいかわらずお元気で、あいかわらず活溌で、そしてあいかわらず、かがやくようにお美しかった。
 連日の炎暑のせいか、わたしは少々元気がなかったが、おかげさまでいくらか回復したような気がする。
 料理もとてもおいしかった。とくに麻辣羊肉鍋が最高だった。その名のとおり、そして見た目のとおり、とても辛いが、ただ辛いだけでなく、辛さをささえるコク、うま味がある、などというと、「料理評論か!」といわれそうだが。

P7213001
P5180643

 昨年、Abe Books から古書で購入していた参考文献、Melillo, Armistizio Matteo (1977) : Profilo dei dialetti italiani, vol. 21 : Corsica, Pacini. の附録音声資料が33回転のレコードだったので、ターンテーブルがないと再生できないという問題を、まる1年かかってようやく解決した。
 エバーグリーン社製、上海問屋販売のレコードプレーヤーDN-84537を購入。箱をあけてびっくり。同梱品は本体とケーブルと、パソコンにインストールするべきソフトウェアーのCDだけ。説明書らしきものは紙切れ1枚もない。

P7122938

 しかし、元来アナログ世代のわたしは、なんとか問題のレコードを再生するところまではできた。音がきけるだけでも長足の進歩で、たいへんうれしい。

P7122941

 USBケーブルでパソコンに接続し、デジタルファイル化するところまですすめるつもりで、専用ソフトウェアーをインストールはしたが、ソフトの扱いがあまりにも難解で(インストールしたはよいが、いわゆる Read me ファイルさえなく)、きょうはギヴ・アップ。
 まるっきり使い方のわからないソフトを模索するよりも、USB接続をあきらめ、音声出力プラグからパソコンにつないで、Media Player の外部入力録音を使ったほうが早いかもしれない。いずれにしてもまた後日。

[翌日追記] 南山大学の泉水先生よりご教示をたまわり、昨日わたしが製品付属 CD からインストールした問題のソフト、Audacity は、「窓の社」にも掲載されており、関連記事に解説も多くあるとのことでした。
 いままで孤立無援のようなこころもちでしたが、これならできるかも、と思いつつあります。しばらく情報収集したうえで再挑戦してみます。
 東京外国語大学で、春学期最後の授業をつとめる。
 なぜこんなにはやく終わるかというと、春夏秋冬の4期制に移行して、夏学期、冬学期を集中講義のみにした結果、春学期、秋学期はそれぞれ13週ということになっているからだ。
 それでいて、春学期も秋学期もひとこま2単位をあたえることになっているので、13週では本当は足りない。
 そこで2週間分、「アクティヴ・ラーニング」と称する課題をあたえて、2週相当分の学修をしたということにしている。
 このことをはじめて知ったときはおどろいた。文科省の金科玉条である半期15週ルールを、かろやかに踏みやぶっていると(ま、文科省なんて、加計学園のでたらめを認めている時点で、めちゃくちゃですけどね、アヒャヒャヒャヒャヒャ)。
 そして、率直にいってうらやましい(笑)。
 ともかく、対面授業は今週で最後なので、レポート課題を回収するとともに、いちおうきちんとひとこま分の授業もした。
 おわったあと、大学院生のかたがたと、近隣の « かかし » という店にゆき、ビールを1杯だけのんで、ピザをたべた。ここのピザはとてもおいしく、テイクアウトの客もたえない。

P7062891

 先週につづいて武蔵境経由で荻窪へ。
 荻窪で丸の内線にのりかえ。始発駅なので、つぎの列車はどちらの線から出るかの表示しかない。

P7062892

 丸の内線にほとんど全部のって(このような経路をとるところが、鉄っちゃんたるあかしか)、茗荷谷へ。

P7062893

 茗荷谷には約束より1時間以上はやくついた。ぐうぜん、元同僚のK先生にあって、きゃー。カフェで時間調整。

P7062895

 18時35分ころから、ひつじ書房の本社にはじめてゆき、今後の出版の相談をする。
 30分くらいで終わり、近隣の酒肆(酔って、店の名まえをわすれたのが痛恨のミス)で、ビール、そのあとニホン酒をのむ。
 刺し身や、鮎の焼き魚はいうにおよばず、最後にたべたたいめしが、わたしの親しんでいる瀬戸内ふうで、おいしかった。

P7062898

P7062896

 自宅もより駅着はぎりぎり午後、しかし自宅まであるいたら午前さま。なんだか、飲んでばかりの日だった(笑)。

P7072901
  <201706| 201707 |201708>