日 録

 筑波大学がフランス大使館と共催するイヴェント「フランス週間」が下記のようなかたちで開催されます。
 わたしも10月3日(土)のプチ講座で登壇し、「シャンソンとフランス語」と称してお話しします(ちなみに休日出勤扱いではなく、まったくのヴォランティアーです)。
 週末の会場は、つくば駅前にこの9月に開店したばかりのあたらしいビル、« BiViつくば » に筑波大学が賃借しているスペースです。

 http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201509161215fr.html
 からの引用:
フランス週間 フランスの文化に出会う一週間

2015/09/27-10/04 事前イベントは09/18から

筑波大学は,教育・研究及びキャンパス内の国際化を進めるとともに,筑波研究学園都市との連携を図り,地域社会全体と協働した国際化を推進しています。
本イベントは,フランスに関わる各種イベント等を通じて,(1)キャンパスにおける国際性の更なる推進,(2)つくば地域の国際化の推進,(3)日本とフランスの交流の更なる推進を目的として,以下のとおり実施いたしますので,この機会にぜひご参加ください。

日 時:平成27年9月27(日)~10月4日(日)
参加費:無料
対 象:本学教職員・学生・一般市民,フランスに興味のある方すべて

<プログラム>
9月18日(金)~10月4日(日) 筑波大学 附属中央図書館
フランス紹介資料フェア~文庫・新書で読むフランス~

9月27日 (日)
BiViつくば2階 筑波大学サテライトオフィス(つくば市総合インフォメーションセンター)
14:00 –17:00 哲学カフェ~フランス週間プレイベント~

10月1日(木)
筑波大学 石の広場
11:00 – 14:00 ・Bon appétit!
ピーターパン,モルゲン,クーロンヌによるパンの販売 (つくば市商工会協賛)
・フランス留学日本縦断プロモーションツアー2015
(Campus Franceによるブース)
11:25 – 12:15 フランス音楽をたのしもう
筑波大学 スチューデントコモンズ
18:30 – 20:00 仏留学フェア- Campus Franceと大学関係者による発表

10月2日(金)
筑波大学 石の広場
11:00 – 14:00 Bon appétit!ピーターパン,モルゲン,クーロンヌによるパンの販売 (つくば市商工会協賛)
筑波大学 スチューデントコモンズ
11:25 – 12:15 フランスカフェ- 日本人学生と留学生向けの文化交流イベント
筑波大学 大学会館講堂
18:00 – 20:30 仏映画「アメリ」上映会(トーク有 17:30開場)

10月3日 (土)  
BiViつくば2階 筑波大学サテライトオフィス(つくば市総合インフォメーションセンター)
11:00 – 14:00および16:00 – 19:00 ボルドーワイン試飲,大学ブランド日本酒等の販売,パン先着100名様に無料提供 (パンの街つくばプロジェクト:つくば市商工会協賛)
12:00 – 14:00 プチ講座シリーズ テーマ:音楽,芸術,ワイン,フランス食
14:00 – 15:00 市民講座 講演者:仏系民間企業

10月4日 (日) 
BiViつくば2階 筑波大学サテライトオフィス(つくば市総合インフォメーションセンター)
11:00 – 12:00 市民講座 ~フランス人住民による国・文化の紹介~
11:00 – 14:00 ボルドーワイン試飲,大学ブランド日本酒等の販売,パン先着100名様に無料提供 (パンの街つくばプロジェクト:つくば市商工会協賛)
13:00 – 15:00 はじめてのフランス語~アンスティチュ・フランセ~
15:30 – 17:00 哲学カフェ

上記イベントは変更する場合もございます。

詳細は,下記ポスター(PDF資料)をご覧ください。

<お問い合わせ先>
筑波大学 国際室
TEL:029-853-6243
E-mail: kokusaika@un.tsukuba.ac.jp

PDF資料
ポスター(イベント全体)
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/pos11.pdf
ポスター(個別イベント)
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/pos2x.pdf

 きょうは、週末の登壇にそなえて、会場の下見にいってきました。

 発展めざましいつくば駅前。

P9296417

 9月に開店した、まあらたしいビル、« BiViつくば » です。

P9296419

P9296424

 これまで、いかにも仮ごしらえののようなものだった関東鉄道バスの案内所も、ひろびろとした、瀟洒なスペースになりました。

P9296421

 このビルの2階に、筑波大学が賃借しているスペースがあります。

P9296429

 学内では人員を減らし、予算を減らし、おおまさかりをふるっている執行部が、こんなにぜいたくなスペースを整備するとは信じられません。
 「お金が足りない」という、学内むけにくりかえされている言説は、たぶんウソっぱちなのでしょう(苦笑)。


P9296427

P9296425

 土曜にお話しするときのため、プロジェクターなどの動作確認をしてきました(機械にきらわれがちなわたしにとっては、これは必須の作業です)。

 このスペースの一角に、コンパニオンアニマルのロボット版ともいうべき、ゴマフアザラシの動くぬいぐるみがおかれていて、唯一、この子には、いやされました(わたしのこどもたちが、新江の島水族館で買ってきたゴマちゃんとも似ている♡)。

P9296430
 世間ではシルヴァー・ウィークと称して、きのうの土曜から、23日の秋分の日まで5連休ということになっている。
 しかし、連休らしいすごしかたはできない。
 きのうは、娘の小学校の授業参観だった。
 きょうは科研費の相談で、上智大学にいかなければならない。
 明日からはいくらか休めるが、息子の中学校が「ロケットスタート主義」で、9月末にはもう2学期の中間試験があるので、必死で勉強していて、とても遊びに出かけることなどできない。
 わたしも、「しゅくだい」が多いので、すこしでも進めておきたいと思う。

 予定どおり、きょうは上智大学にいってきた。

P9206383

 聖イグナティウス教会でミサをしていたので、それがおわって出てきたひとを相手にして、外堀の土手にそって、その場で調理している、かんたんな出店がでていた。やきとり屋さんと、あとひとつは、たぶん揚げバナナ屋さん。

P9206391

 上智大学2号艦の、ながめのよい研究室で、科研費のうちあわせをしてきた。スペイン語、ポルトガルポルトガル語、ブラジルポルトガル語、イタリア語、ルーマニア語の耳学問をたくさんしてきて、フランス語との情報交換もして、とても有意義だった。

P9206393

* * * * *

 最近入手した書目、いずれも新刊書。
 まず、鈴木信吾・森田学著『音楽のためのイタリア語入門』大学書林。

P9216397

 音楽関係者だけに向けられていると思うと大きなまちがいで、わたしのような者にも新たな発見が多い。
 きょうも打ちあわせがあった科研費でごいっしょしている鈴木先生による文法解説はかゆいところに手がとどき、知っておきたい(かならずしも類書では明示的にのべられていない)規則への言及が多くみられる。
 さらに、森田先生によるイタリア歌曲やオペラ作品のイタリア語の解説、そして、それらを理解するために、ふたたび鈴木先生による、イタリア語の詩語や古語の解説など、イタリア語既習者も新たな知識を得ることができる。

 つぎに、クリスチャン・マスピュア、ミゲル・ラスムセン著『なぜデータ主義は失敗するのか?』早川書房。
 人文科学擁護のための理論武装に最適。たとえば、企業の再興などにも、人文科学的な思考法が不可欠であったという事例がみられる。

P9216398

 最後に、Viviane Arigne et Christiane Rocq-Migette (Eds.) : Metalinguistic Discourse, Cambridge Scholars Publishing.
 論集よりは組織だった8章構成で、言語学諸理論の解説と事例研究の提示。生成文法、認知言語学、語用論、発話理論、ポリフォニー理論、論証理論、可能世界意味論、会話分析、プロゾディ―論などのパノラマになっている。
 とくに、フランス語圏での研究を英語で紹介するという意義も大きかろう。
 院生のころから20年来交流がある大久保朝憲くんもポリフォニー理論・論証理論と、反語法へのそれらの適用で1章を執筆しておられる。

P9216400
 ひさしぶりに晴れ。暑からず寒からず、理想的な天候だ。
 朝がた、都下で震度5の地震がおき、たたき起こされる。
 一昨日、茨城県、栃木県をおそった洪水といい、最近、いやおうなく災害を意識させられることが多い。

 午後から、北千住で人文学類卒業生のかたがたと会ってきた。
 きょう会ったのは2011年卒業の世代で、大震災で卒業式が中止されたので、半年くらいたって、かわりに私的なお祝いをしたら、その集まりが定例化したのだ。
 きょうは氷川神社の祭礼で、多くのみこしがまちなかをねりあるいていた。東京電機大学が進出してきて、おおはばに再開発がすすんだ街区だが、みこしが通ると、にわかに下町らしさを思い出すようだ。

P9126368

 24時間営業という最大限綱領をたたき出す « 磯丸水産 » にゆき、磯焼きや刺し身をたべながら、ビールや焼酎をのむ。
 そのあと、« カラオケ・メロディランド » にゆき、それぞれが好きかってな歌をうたう。わたしは高田渡や、ジリオーラ・チンクェッティなどを(笑)。
 通称「かるた姫」さんが、「水曜日のカンパネラ」の曲をいくつかうたってくださって、この前衛的なアーティストを知ることができた。
 数年前から活動しているので、すでに多くの作品があるが、代表的なのは『桃太郎』だろう。

 水曜日のカンパネラ 『桃太郎』


 最後に、とても高い吹きぬけが爽快な « À la campagne » にゆき、ケーキをたべ、コーヒーをのむ。

P9126370

P9126373

 末筆ながら、栃木市にすんでおられる「かるた姫」さんは、今回の水害で駐車場にとめていた車が水にひたってしまい、修理に出すという被害をうけておられた。 
 それにもかかわらず、いつもとおなじ快活さで参加してくださっただけでなく、« 武平作 » の黒糖まんじゅう、芋まんじゅうをおみやげにたずさえてきてくださった。
 おみやげは家族でおいしくいただきました。ありがとうございます。
 大阪でのもうひとつの予定は、中学・高校時代に世話になった後輩(後輩に「世話になった」とはおかしな言いかたかもしれないが、事実わたしのほうが世話になったことが多い)とほとんど30年ぶりに会ってくることだった。
 かよっていた高校からもほどちかい « にちりん » という店で正午にまちあわせ、最初だけビール、のちに焼酎をのみ、目にもたのしい料理をたのしみながら、むかしのことや、おたがいのこれまでの紆余曲折した道のりについて語りあった。
 30年もまえに縁のあったひとやものは、いまではほとんど無条件でなつかしいが、きょうお目にかかったかたに対しては、わたしはむかしもいまももっぱら讃嘆の思いをいだいているので、再会のよろこびはひとしおだった。

P9046352

 « にちりん » でも最後にコーヒーをのんだが、(量的に)もの足りなかったので、食後に近隣の « Café Lekker » にゆき、さらにコーヒーをのみながら話した。

P9046356

 話していると、30年まえとかわらず、気らくでやすらかなこころもちになった。
 いまはたまたまおたがい、落ちつかない時期が過ぎ去ったところでもあり、今後が楽しみな感じだ。またこれからがんばろうという気になった。
 今週にはいってから、まいにち雨がふっている。秋霖のことぶれといったところか。

 8月初旬にも大阪に行ったばかりだが、かねてより応援している銅版画家の小柳優衣さんが « あべのハルカス » で個展を開かれるので、また大阪に行くことにした。
 れいによって、新大阪から大阪にむかう電車で淀川にかかるながい橋梁をわたると、たしかに大阪にかえってきたという感情がわく。

P9026341

 « あべのハルカス » にははじめてきた。いまのところ、ニホンでいちばん高いビルだそうだ。大阪、それも阿倍野橋には似あわないのではないかと思うほどの洒脱なビルだ。

P9026345

 小柳さんは昨年、娘さんがお生まれになり、母親になられてからはじめての個展ということで、これまでよりあざやかな色あいの作品が多く、楽しませていただいた。

P9026349

P9026347

 18時30分ころから、会場で20時の閉店までおじゃまして、小柳さんと、画廊のかた、そして一部、見にこられたかたがたと話す。
 20時になったら会場を辞して、小柳さんと12階のイタリア料理店 « ルーチェ・サンタルチーア » にゆき、シチーリアの赤ワインをのみながら夕食をともにした。
 小柳さんとは現実世界でお目にかかるのは、ちょうど2年前に代々木上原の « ギャラリー上原 » でお目にかかって以来だったし、ご出産のため小柳さんが禁酒なさっていた時期をはさんでいたので、ひさしぶりで飲みかわすことができ、いろいろと遠慮のない話ができたのはとてもよかった。

 以下、情報を再掲しておく。

■個展「petal poetria」
産後初の個展となります。
9月2日(木)~8日(水)
あべのハルカス 近鉄本店
11階アートギャラリー
〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
電話(06) 6624-1111(代表)
4階~11階は朝10時→夜8時
会期中は4日(金)以外、毎日在廊致します。

■第80回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2015
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
2015年9月2日(水)~4日(金)
東京ビッグサイト
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
業者様向けのギフトショーで、入場無料(事前登録制)です。
「Agile Japan Trading Corporation」様のブースより新作のグッズを出品します。
4日(金)はこちらのブースにて商品解説などさせていただきます。
  <201508| 201509 |201510>