日 録

 今週にはいってから、きょうまでのことをまとめて書く。

 2月24日(月)
 明日からの前期入試にまつわる業務にそなえて、つくばに前泊。
 前日に下見にくる学生も多く、すでにつくば駅からのバスが大幅に増発されていた。

P2243260

 卒業判定の書類が来ていたので、確認のうえ返送する(教育課程委員のしごと)。
 17時30分ころに、メルロ=ポンティーを研究する大学院生、通称「ざしきー」くんが会いに来てくれた。お茶をのみながらしばらく研究室で話したあと、天久保3丁目の≪くぼや≫にひさしぶりでゆき、ニホン酒の熱燗をのんできた。

 2月25日(火)
 今回は入試実施委員のなかでの役割分担の関係で、もっとも早い7時20分に試験場へ。

P2253261

P2253263

 前期入試と同時進行で、私費留学生入試と、学士再入学の入試もあるので、裏方のしごとはたいへん多く、てんてこまいだった。
 担当範囲では、病欠の先生のかわりに予備監督員の先生に出ていただいたことをのぞいては、さいわいにも、これといった問題はなく終わった。
 研究室にもどったら、20時30分ころだった。

 2月26日(水)
 入試実施委員は学類で指名され、おおよそ学類内のことを担当しているのだが、午前中、それとはべつに全学レヴェルでまわってきた業務がある(全学での担当は別の論理でまわっているので、ことしは実施委員だからといってかわってもらうわけにはいかない)。
 午後は報告書などの書式が送られてくるのをまってから作業の予定だったが、結局とどかなくて、ほとんど待機しただけだった。ただし、記入事項の起草など、いまのうちにできることはしておいた。

 http://www.asahi.com/articles/ASG2T66FNG2TUNHB01P.html?iref=comtop_list_nat_n04 からの引用:
東北大2次試験、バス満員受験生乗れず 同行の親増加で
 2014年2月26日05時52分
 国公立大学の2次試験の前期日程が25日、全国で始まった。仙台駅では東北大に向かう臨時バスに受験生と一緒に乗る父母が増え、そのあおりで乗り切れない受験生が続出。東北大は試験開始を30分遅らせた。
 東北大などによると、午前10時から外国語の試験を予定していたが、午前9時半ごろになっても、仙台駅では300人ほどの学生らが東北大行きのバスを待っている状況だったという。東北大は試験開始に間に合わないと判断し、開始を30分遅らせた。
 市バスを運行する仙台市交通局によると、仙台駅から東北大に向かう臨時バスが大混雑。受験生と同乗する父母が例年よりも目立った。やはり東北大と結ぶ定期運行のバスに父母を誘導したが、そちらも満員になってしまったという。
 この記事をよむと、いかにも、「幼稚園児の見送りじゃあるまいに、大学を受験しようとする年齢のわが子について行くなんて、最近の親は過保護だ、最近の高校生は幼児化している」などという紋切り型の反応がかえってきそうだが、それはいささか早計で、事情も知らずにそんなことをいっては、浅薄な若者批判にくみすることになってしまう。じつは、つぎのページにあるように、入試当日に大学生協が保護者むけの説明会を開催していたのだ。

 http://newlife.u-coop.or.jp/tohoku/exp/ からの引用:
東北大学新生活サポートセンターでは、新入生の皆さんに余裕を持って入学準備を進めて、充実した大学生活を送って頂くために、合格者向け・受験生保護者向け説明会を開催します。入試区分や入学後の住まいに応じて日程を分けて開催いたします。
 [中略]
前期受験日 保護者様 2014/02/25(火)
前期受験日 保護者様 2014/02/26(水)
 しかし、入試当日に保護者むけの説明会をひらく大学があるとは、はじめて知った。ただでさえ混雑する日に説明会をするのは、いかにも混乱を呼びそうで、あまり考えられない。
 筑波大学では、入試当日はおろか、合格発表のときにも、入学手続きのときにもこれといったことはせず、入学式の数日前の宿舎入居のときにようやくサポートがある程度だ。それも、宿舎に入居しないひとは関係がない。

 わたしのたずさわっている入試業務でも、保護者同伴の受験生のすがたを年々多くみるようになってきたが、さいわい、24日のところにも書いたように、つくば駅から大学までのバスが十分に増発されるので、乗りきれなかったり、そのせいで受験生が遅れるようなことはなかった。

 2月27日(木)
 きのう来なかった書類が来るかもしれないということで、早めに大学に出て待機していたが、きょうも待ちぼうけ。
 15時から、プレ戦略イニシアティヴ「日本語日本文化発信力強化研究拠点形成」 のワークショップに出席。きょうのプログラムは以下のようになっていた。
 「抽象名詞主題文に関わる日中対照」
 15:00-15:10 趣旨説明 矢澤真人氏(筑波大学人文社会系・日本語学)
 15:10-15:40 日本語の抽象名詞主題文 安部朋世氏(千葉大学教育学部・日本語学)
 15:40-16:20 中国語の抽象名詞主題文 林璋氏(中国福建師範大学・日本語学・日中翻訳学)
 16:20-17:20 ディスカッション 指定討論者:宮城信氏(富山大学・日本語学)
 18:15-20:15 レセプション ドイツレストラン「エルベ」(西武つくば店)
 ここで発表なさった安部さんは、27年まえ、筑波大学人文学類でわたしと同級生だったかただ。
 おわったあと声をかけると、すぐに思いだしてくださり、そのあとにもいろいろとお話しすることができた。たいへんなつかしく、ほとんど同窓会気分になる。
 懇親会で行った≪エルベ≫ではドイツワインをのみながら、巨大なアイスバインを切りわけてたべた。

P2273270
 午後から、昨年10月以来ひさしぶりに、ホルヘさんと西新宿のカフェでまちあわせて、情報交換をする。
 しばらくしてから、えるたそ(仮)も合流してくださり、3人になる。
 ひととおり話したあと、小田急ハルクの裏手にある酒肆、≪やまと≫にはじめて行った。
 昨年9月10日の記事で、北千住に午前10時から営業している酒肆があることに讃嘆したものだが、きょう行った≪やまと≫は、なんと24時間営業という、まさしく最大限綱領を出しており、早朝にさえ酒をのみにくるひとが絶えないというので、おそれ入った。
 サッポロ生ビールをのみ、もつ煮、しめさばなどをたべる。どれもおいしくて、ねだんもやすい。また来ようと思う。

P2213235

P2213236

P2213237
 きょうも雪だ。先週末とは雪質もちがう(こんどのほうが湿っている)ので単純比較はできないものの、夜になってからの結果的な積もり方だけからすれば、「20年ぶり」とか「45年ぶり」といわれた前回をあっさり更新してしまった。

P2143208

P2143209

P2153224

P2153226

P2153222

P2153221
 れいによって、おくればせながら、月曜からきのうまでの記録を書いておく。

 2月10日(月)
 晴れてあたたかいが、土曜にふった大雪がまだ残っている。
 8時半ころに出て、つくばに向かう。
 つくばエクスプレスの車内から、守谷あたりの広い田圃をながめると、雪がのこっていてたいへん爽快だ。

P2103189

 つぎの写真は、わたしの研究室からのながめだ。

P2103190

 11時半から会議(教育課程委員会)。おわったあと、第3エリアのニホンそば店で昼食。
 研究室にもどり、たまっていた雑務をかたづける。
 14時から18時すぎまで、科研費共同研究会。
 そのあと、研究会で発表してくれた同僚のWくんと、ききに来てくれた院生のみなさんとともに、年度末の打ち上げと称して近隣の≪燈禾軒≫にゆき、酒を飲みながら話す。はじめは焼酎をのんでいたが、ニホン酒の熱燗をたのんだひとがいたので、後半はそれにつきあった。
 その場で Fabrizio de André の音楽を話題にしたもので、たまたまもっていた音楽プレイヤーでWくんとふたりでイアフォン片方ずつできいて確かめていると、大学院生のひとりが、おもしろい光景だといって、写真をとってくれた。さすがにここには貼りつけられないが(笑)。

 2月11日(火)(祝日)
 押し入れの奥からようやく再発見した思い出のモバイルPC、東芝 Libretto に Linux の OS をいれようとこころみる。
 プレインストールされていた OS は XP だとおもっていたら、そうではなく、Windows 2000 Professional だった。
 USB ブートができない機種なので、大学の「爆音パソコン」と同様、Prop Boot Manager をつかう。
 マシンが PAE 未対応なので、Linux でいちばん好きな Lubuntu は、12.04までしか入れられない。それをこころみたが、マシンの力量もあり、うんと緩慢にしかうごかない。
 いくつか別種の OS のインストールをこころみた結果、結局、Bodhi Linux が、この機種でも軽快に動き、それでいて性能もよい、最適な OS だということがわかった。

P2113200

 Libretto 特有の1280x600という解像度にしようとおもって、xorg.conf をいじってみたが、うまくいかないので、当面はこのまま。

 この OS の名まえである Bodhi というのはサンスクリットで、仏教用語として漢字で転写されると「菩提」になる。最小限の資源でコンピューターを動かそうというシンプルな OS の設計思想が、「小欲知足」の仏教思想にあい通じるということから、OS に Bodhi の名をつけたのだそうだ。かんがえてみれば、「小欲知足」の思想こそ、今後は2年に1度の周期で消費者に買い替えを強いる Microsoft の思想の対極に位置するものではなかろうか。
 Bodhi はまた、英語の body の語源ともいわれているが、それはまったくの与太話で、ただしくは英語の bid と語源をおなじくする。英語 body の語源は古英語までしかさかのぼることができず、それ以前は不詳。サンスクリットが仏教用語としてニホンにも伝わっている一方、そのサンスクリットはインド・ヨーロッパ語族ということでヨーロッパ諸語につながっているのだ。いちばん有名な例は、ラテン語の aqua(水)が、ニホンでお盆のときに先祖の霊をむかえるために出す「閼伽棚(あかだな)」の「閼伽」と語源をおなじくする、というあたりの話だろうか。しかしこれも誤った俗説だ。「閼伽」がサンスクリットの argha にさかのぼることはまちがいないが、それが「水」をあらわすのは転義によるものであるうえ、aqua との音対応にも難がある。
 このような関連づけについては、筑波でわたしの同僚(と申すのもおこがましい)の秋山学先生の論文、「呉音から西洋古典語へ・第1部:印欧語文献としての弘法大師請来密教経典」(『文藝言語研究・言語篇』61巻所載、2012年)http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/M11/M1105798/2.pdf にみごとに示されている。この論文をみると、亡き祖母や大叔母が仏壇のまえでとなえていた「真言」として記憶にのこっていた「なうまくさんまんだ...」という音の羅列と、サンスクリットの "Namaḥ samanta-buddhā..." がつながり、不思議な気もちになる。

≪追記≫ 上記の赤字部分は2月20日に加筆しました。加筆部分の情報は小川博仁さまのご教示に負うております。しるして感謝申し上げます。
 body / bodhi 同源説については、わたしも内心あやしくおもっていたので、「といわれている」としておりましたが、argha / aqua については学生時代にどこかで読んだことがあり、長年信じこんでおりました。"bodhi" の概念とは正反対の蒙昧ぶりで、おはずかしいかぎりです。

 2月12日(水)
 会議の集中する日なので、つくばに出勤。
 科研費の継続課題の来年度の「支払請求書」の内部チェック用原稿の窓口しめきりが今週中なので、ようやく作成・印刷して事務室に提出した。
 「支払請求書」は、2011年度以降の新規採択から基金化されてあらたに必要になった書類で、繰越しや前倒しができるようになったことから、この時期に次年度のことを書かせるものと思う。
 わたし自身は、昨年度までは別課題で旧制度(補助金制度)の科研費をもらっていたので、今回はじめて提出義務が発生し、大儀に思っていたが、実際にはあっけなくできあがり、たいしたことではなかった。

 正午から人文学類の学生からの相談をうける。
 13時30分から大学院の専攻会議。
 16時30分以降、前期入試と同時に実施される外国人留学生入試と学士再入学の入試の準備にまつわる会合が順ぐりにつづく。おわったあとも裏方のしごとをする。

 かえりみち、北千住で夕食をとってきたので、22時30分すぎに帰宅。かろうじてこどもたちが起きていて、おやすみのあいさつをする。
 熱心な先生から言語学的な議論をするメールがきていたので、こちらも疲れを忘れておそくまで返信をかく。いつもながら、アドミニストレーションでいそがしいときは、研究が救いをもとめてまぎれ込む場になる。
 きのうは快晴で、近所の紅梅をめでていたのだが、

P2073169

 きょうは一転して雪がふった。東京の都心でさえ25センチの積雪となり、これは45年ぶりの記録だそうだ。

P2083175

 幸い土曜でもあるので、閉居していた。こどもはよろこんで庭であそんでいた。
 夜になってますます雪ははげしくなり、拙宅でも、これまで見たことのないような光景になった。

P2083178

P2083183

P2083185

P2083187

 最後の写真は玄関を内側からとったものだ。門扉の下、ほんとうは30センチくらいのすき間があるが、それを越えて雪がつもっている。もちろん、こんなところを見たのははじめてだ。
 節分(3日)までは4月なみのあたたかさだったが、立春(4日)から真冬の寒さにもどり、雪もふった。
 わたしは寒いのは好きで、12月の寒さも1月の寒さも平気なのだが、2月、いちどあたたかくなってから再び真冬の寒さがもどってくると、さすがにこたえる。いまだけは、「寒い、寒い」といっているひとの気もちがわかる。

 きょうは筑波に出勤し、今年度最後の試験を実施してきた。2期制のメリットを痛感する。
 (このブログではなんべんも話したが)筑波大学では開学以来40年間、昨年度までは3期制をとっていたので、授業が2月いっぱいつづき、2月末に前期入試と学年末試験の両面作戦を強いられていたことを思うと、この時期に授業負担から解放されるのはたいへんこころやすらかだ。
 もちろん、入試関連など、年度末にむけてのしごとはこれからが本番だが、授業をしながらそれらをこなすのとくらべると天地の差だ。
 他の大学ではむかしからあたりまえのことが、これほどありがたく感じるものか。

 帰宅後はまた Lubuntu をいじっている。いかにこれが≪悲しき玩具≫であろうとも、まぎれこむところがあるのはよい。
 Linux はウイルスには感染しないといわれている。そもそもシェアーが小さくてねらわれないこともあり、Wikipedia ページ( http://ja.wikipedia.org/wiki/Linux%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2 )によると、Windows 向けウイルスが約114,000あるのに対して、Linux向けウイルスは863しかない。
 しかも Linux では root 権限(管理者権限)でしか重要な操作ができないようになっており、この権限をウイルスなどのマルウェアーが取得できないことと、Linux にある脆弱性は、オープンソースゆえに多数のひとびとがよく見ていて、すぐ指摘され、迅速に是正されてゆくことも強みだそうだ。

 しかし、Linux 機自体で感染・発症しなかったとしても、ネットを介して Windows 向けウイルスを媒介してしまうことも絶無ではないかもしれない。
 というわけで、きょうはアンティウイルスソフト、Avast! Linux Home Edition をインストールしてみることにする。
 Avast! のページにゆき、debファイルをダウンロード、それをひらいてインストールし、再起動するとスタートメニューの「アクセサリ」のなかに Avast! があらわれるので、それをひらいて、まずはウイルス定義などのデータベースをアップデートする。
 すると、Linux に Avast! を入れる場合の現象として多くのウェブページに書かれていることが起きた。アップデート後、Avast! が起動しなくなってしまったのだ。

avast1

 たとえば、つぎのところ書かれているように、
 http://ubuntuyome.blogspot.jp/2011/02/avast-antivirusinvalid-argument.html
 端末(ターミナル)をひらいて、コマンドをうちこみ、共有メモリーのやりくりをしないといけない。
 じつは、1月下旬から Lubuntu をいじっているが、コマンドを使うのははじめてだ。
 それで、スタートメニューからひらくことのできる端末としてならびたっている UXTerm と XTerm のどちらを使ってよいのかというところからおろおろする。すこしネットで調べたところ、U が冠せられているのは Unicode のことだそうで、文字化けなどせず、通じさえすればどちらでもよいようだ。

avast2

 geditさえ「コマンドが見つかりません」状態だったので、geditをインストールするところからはじめた。

avast3

 あらためて管理者権限で gedit を起動させ、"sysctl -w kernel.shmmax=128000000" としてみる。

avast4

 すると無事、Avast! が起動できるようになった。

avast5

 全体をスキャンすることもでき、ウイルスゼロという結果がでた。

avast6

 端末を使うと、「たしかにコンピューターを使っている」という実感がある。しかしながら、今回は必要にせまられてコマンドも使ったものの、本音では、なるべくなら GUI (Graphical user interface) に頼りたいと思ってしまう。このあたりが、Windows 95 以来20年近く、マイクロソフト社の愚民化政策にまんまとのせられつづけていた結果かもしれない。
 じつは当初は、DVDRomつきで、いたれりつくせりと思われる『日経Linux』別冊の入門書をアマゾンに註文していたのだが、待てど暮らせど発送されないので、3週間待ったあげくキャンセルしてしまった(あまり商売につながらない本は、送りたくないのかなあ)。それ以来、ほぼ100%、"ggrks" の昿野をさまよう方式で進めてきた。
 "ggrks" とはきたないことばではあるが、これを自分にむけて発することで甘えを克服し、いわば、きたえられなければ、おぼえられないと思うので、なるべく問題を自己解決していきたい。もちろん、見よう見まねではほんとうの意味での≪自己解決≫とはいいがたいが、Windows のみにたよっていたころにくらべれば、すこしづつわけがわかってきているような気もする。
 しかし、いよいよどうしようもなくなった場合は、ともだちでこの方面にくわしいひと(いま具体的に2人ほどが脳裡にうかぶ)に質問させていただくかもしれません。そのときはヒントだけでも言ってやってください。え? ヒントは "ggrsk" だって?
 晴れときどきくもり。あたたかい。午後、娘の幼稚園の展覧会を見にいってきた。

 ひとつまえの記事で、自宅の DELL XPS に Linux (Lubuntu) を入れた話しをした。
 このパソコンはさっそく、小学生の息子が、インターネット閲覧などに活用している。息子にはこれまで、わたし用のパソコンか妻用のパソコンを貸していたが、どちらもふさがっているときに待たせないですむようになった。
 きょうは先日のつづきで、少し使い勝手をよくしようとこころみる。
 まえの記事では、いちどもスクリーンショットをつかわず、デジカメでとった写真ばかりを出すという、いかにもトーシロー的なことをしていたが、それは、Print Screen キーがきかなかったからだった(笑)。
 やはり、"ggrks" だ。きょう、スクリーンショットをとる方法をようやく知った。さきに mt Paint をたちあげておいて、"Time Delayed Screenshot" を選択すれば、クリップボードにコピーされるだけでなく、それをはりつけた png ファイルが mt Paint 内につくられる。Windows でスクリーンショットをとっていた場合とくらべると、2度(3度?)の手間が1度で済むので、慣れればこちらのほうが便利だ。

lubuntu1

 Lubuntu にプレインストールされていた Abiword (この abi はスペイン語の abierto「開かれた」の略で、オープンソース思想をあらわしている)で doc ファイルや docx ファイルをあつかうと、日本語、フランス語混在ファイルの再現性に問題があったので、それよりよいという Libre Office をインストールすることにした。
 あたらしいソフトをインストールするときは、Lubuntu ソフトウェアセンターをひらき、ほしいソフトウェアー(何種類でもよい)をバスケットに入れ、ひととおり入れおわったらバスケットをひらき、そこですべてを一度にインストールする選択ができる。
 これも Windows で installer.exe をダウンロードして、それを実行し、ウィザードをいちいちたどらないといけない方式にくらべるとはるかに簡素で、使いやすい。

lubuntu2

lubuntu3

 Libre Office Writer で、以前 Microsoft Word で作った日仏語混在文書をひらいてみたが、完全におなじフォントがないことをのぞけば、まずまずの再現性で、予備のパソコンとして使うにはじゅうぶん満足できる。

lubuntu4

 もう Abiword は使わないので、おなじく Lubuntu ソフトウェアセンターで破棄した。

 古い XP のパソコンを再利用できるようになるという利点もあるのだが、それよりも Linux をいじっていること自体が楽しい。
 新しいおもちゃをあたえられたこどものような気もちだ。

 あとは、ちょうしにのってもう1台、自宅の押し入れに眠っているはずの東芝 Libretto の XP 機にも Lubuntu を入れたいのだが、どこにしまいこんだか、わからない(なみだ)。
  <201401| 201402 |201403>