日 録

 れいによって、最近のことをまとめてしるす。

 1月28日(火)
 初不動の日。となりまちの不動尊でだるま市がひらかれる。娘の幼稚園はだるま市でごったがえす街区にちかいので、恒例によりお休み。
 娘は午前中、妻につれられて嬉嬉としてだるま市を見に行った。わたしは疲れていてお留守番。

 午後からつくばに出勤。明日の会議の準備などをする。

 交流協定校のフランシュ=コンテ大学から来てくださっているダニエル・ルボー先生をかこんで、夕刻から、つくばセンターの≪一成≫で麦焼酎をのみ、鴨せいろそば、湯豆腐、ぶり大根などをたべる。
 この店にくることは、ルボー先生の希望をいれたそうだ。つくづく、ニホンびいきの先生だ。

P1283065

 大学院生のOさんが、ルボー先生の無神論に、彼女自身のキリスト教の信仰を堂々と対置して熱っぽく議論をいどんでおられたので、たいへんおどろいた。
 ぜひ言いたいことがあるときには、ことばは(外国語といえども)自然にちからづよくながれ出るのかもしれない。

 1月29日(水)
 きょうからつくばに2泊するので、朝、冬の休眠期のおわりにさしかかった庭木の剪定をしようと、のこぎりをもちだして庭に出る。
 作業の半分以上は順調だったが、不覚にものこぎりで左手の親指を切ってしまった。
 のこぎりの行くほうへ手をもっていかないのは鉄則のはずだったが、木が大きくしなるうえに、生木のうえでのこぎりがはね上がり、たいへん不規則な動きをしてしまったのだ。
 しかも剪定用ののこぎりで、刃が二列ついているものだったので、傷口がひらき、なかなか血がとまらない。
 指のつけ根をしばり、手を高くあげて、なんとか止血した。

 気をとりなおして、午後から筑波に出勤。
 学内にはすでに、明日からの大学院入試にそなえて案内標識がでていた。

P1293066

 しかし、きょうのわたしのしごとは、大学院ではなく学類の入試にそなえた会議だった。
 避らぬお役目がおわったあと、図書館にゆき、旧東京教育大学の蔵書をみにゆく。
 わたしはかつて古本で入手した、下の写真のような Littré の辞書を私蔵している。1956年版。

P1293085

 じつは1943年、第2次世界大戦のまっただなかに、ニホンで Littré の簡約版が出版されていた(戦時中、フランス語が「敵性言語」とされていたことを思うと、そのこと自体意外だ。もちろん、本来は「敵を知り、己を知らば百戦あやうからず」であって、「敵性」であるからそれにまつわることは学ばない、というのはただの自殺行為だ)が、それはどういうものか、という質問をいただいていたので、それについてしらべにきたのだ。
 背表紙は下の写真のようなもので、ラベルにかくれて、かつ擦り切れて見づらいが、Hakusuisha の文字がみえる。上部はフランスで出たものとかわらないようだ。

P1293083

P1293084

 ひらくといきなり A からはじまっており、中表紙などはなかった。
 つぎの写真は、なかほどのところ。翻訳ではなく、フランスで出版されたままを印刷したことがわかる。

P1293082

 かろうじて、痕跡らしきものがあるのは、おくづけの直前のページと

P1293079

 おくづけのページだ。

P1293081

 おくづけには、白水社が「翻刻権」をもっていると書かれている。翻刻は、輸入がむずかしかった時代におこなわれていたことだろう。
 それにしても、どのような辞書か、という疑問にじゅうぶんこたえる体裁にはなっていない。かろうじて、背表紙に Littré et Beaujean と書かれていることから、Beaujean の協力によりフランスで刊行された簡約版であることがわかる。Littré-Beaujeanの第何版を底本としたか、といったことも示されていない。
 もっとも、戦後もこれに類する事例はある。わたしが学生時代に購入して以来使用している DFC (Dictionnaire du français contemporain) は、駿河台出版社による翻刻だ。

 Littré の辞書の簡約版にはなしをもどすと、当時のねだんで、定価15円にくわえて、特別行為税相当額1円73銭ということになっている。
 これはまさか、当時の「敵性言語」であったことにかかわるのだろうか、と思ったが、どうやら印刷製本をふくむいくつかの業種に課税されていたようだ。
 いずれにしても、そのようなきびしい時代に、逆風にあらがうように辞書を出版した先人たちの労苦のうえに、こんにちの研究が存続していることを思わないではいられない。

 印刷にかかる特別行為税で思いだしたが、以前、『武田元敏集』(朝日新聞社)で読んだ話では、当時は大政翼賛会のもと日本出版会という組織がつくられ、分野ごとに専門家が出版を査定し、出版の意義があるとみとめるもののみ用紙の割りあてをしていたとのことだ。そうして用紙がまわってこなければ、書物の印刷はできなかったそうだ。
 武田氏は工学書の出版査定にあたっていたとのことだが、審査は結局、名の知られた書物に用紙を割りあてることにならざるを得なかったと書かれている。

 夜、天久保3丁目のとんかつ屋(「線香花火」に似せたあて字の、へんな名まえの店なので、名まえは書きたくない。しかし、とんかつはおいしい)でバラカツをたべる。

P1293086

 1月30日(水)
 大学院入試1日め。
 午前中はローテーションで筆記試験(語学科目)の監督。
 だいたい、試験場のはりつめた空気がにが手だが、大学院入試ならまだまだ牧歌的な雰囲気だ。
 3年次編入わくで受験している知り合いの院生にあい、休み時間に「あれ? もともと文芸言語専攻ではなかったのですか?」ときいてしまった。前期だけ地域研究だったそうだ。

 午後は専門の試験なので、わたしは試験監督からは解放され、出題者のひとりとして待機。
 待機時間を利用して、研究室にあるもっとも古いパソコン(2006年、筑波に転任したときに使用開始した Windows XP機)に、Linux のOSをインストールしようとこころみる。
 そもそもわたしが Linux に興味をもったのは、筑波大学図書館にそなえつけの一部のコンピューターで、Windows のなにかと錯誤して、ほとんど違和感なくつかっていた OS がじつは Linux (たぶん Fedora) だったことに気づいて衝撃をうけたからでもある。
 自宅にねむっていたノートパソコンには、すでに Lubuntu をインストールしている(マシンの力量的には Ubuntu も可能だったが、マッキントッシュ的な「ランチャー」のならぶデスクトップがなじめず、わざわざ Lubuntu にしたのだ)。

P1313124

 軽快にうごき、使い勝手がよい。
 これに味をしめ、研究室でおなじくねむっていたデスクトップのうちの1台(わたしがかってにつけた愛称では「爆音パソコン」。ファンの音がとくにうるさいので)にも Universal USB Installer でインストールしようとしたが、いかんせん古いので、自宅のものほどうまくいかない。
 しかたがないので、Lubuntu の iso ファイルを CDR に焼いてインストールしようとしたが、これもうまくいかない。いまおもうと、Lubuntu の ヴァージョンの不整合だったかもしれない。
 「こまったときには "ggrks"」というネットの原則にしたがい、自分でいろいろ調べたところ、USB メモリーからのブートを知らない古いパソコンでも Universal USB Installer でつくった USB メモリーからインストールする方法を発見した。Plop boot manager というのを使って、USB をブート手段に人工的に挿入するというものだ。

P1303087

P1303088

 USBを選択するところまではいくが、そこでフリーズをくりかえしてしまう。
 boot.ini の書きかえがきちんとできていないのかとも思ったが、ひらいてみたところ、自動で正しく書きかえられている(いや、boot.ini が正しく書きかえられていなかれば、そもそも Plop boot manager がはじまらないか)。
 原因がわからないままくりかえしていると、奇跡的にうまくいき、Lubuntu のインストールがはじまった。

P1303089

P1303090

 しかし、ここで痛恨のミス。モニターの解像度をまちがえてしまい、真っ暗に。
 その後、この「爆音パソコン」はPAE未対応なので、Lubuntu 13.10 ではなく、Lubuntu 12.04をインストールしたほうがよいことを知り、Universal USB Installer からやりなおし。
 ダウンロードと、USB メモリーへの書きこみがされているあいだに、≪百香亭≫にゆき、夕食に回鍋肉をたべる。

P1303092

 食事からもどると、わたしの研究室に貼り紙がしてあって、いま、研究会論集の刷りあがりの納品をうけたあとに必要な事務作業を院生が集まってしているという(そうとわかっていたら、ひとりで夕食をたべなければよかった)。
 あわてて院生研究室にかけつけ、わたしも協力する。夜、このような作業をしていると、わたし自身も院生だったころを思い出し、甘い感傷にひたってしまう。

 その後もPlop boot managerは不調で、Lubuntu はとうとうインストールできなかった。
 うんと軽い Puppy Linux はさすがにインストールできた。
 壁紙を好きなペンギンくん(Tux くん)にかえて本日は終了。
 
P1303094


 1月31日(水)
 朝、Puppy Linux のネット接続の設定をする。
 固定IP、サブネットマスク、優先DNS、代替DNSなどを打ち込めばよいはずだが、これまで知っている接続設定とずいぶん勝手がちがって、苦戦する。しかしなんとかつながった。

P1313097

P1313098

 午前は大学院入試の面接をつとめる。
 おわったあと、A先生に車でつくば市金田のそば屋≪いちい≫につれていってもらう。この店は、以前は花室方面の山がちなところにあり、2001年ころ、当時の店の離れで会食をしたことがあるが、いまは引っ越して、広い田圃のなかにある。

P1313101

P1313104

 まいたけせいろをたべる。

P1313103

 食後は、≪蔵日和≫という、文化財指定されている旧家を生かした店にゆき、コーヒーをのむ。

P1313105

P1313106

P1313107

 大学にもどったあと、先週からみていた、3月刊行予定の著書の再校の仕上げをする。

P1313099

 校正刷りのことを「ゲラ刷り」ともいうが、「まちがいが多すぎてゲラゲラわらう」というのは民間語源で(えっ? だれもそんなことは思っていない?)、ほんとうは「ゲラ」は「ガレー船」とおなじ語源だ。
 それでおもいだすのは、イヴ・モンタン Yves Montand のシャンソン、≪漕役囚 Le galérien≫。



 母親の慈愛とガレー船の苦役を対置する、かなしいうただ。このようなことは、自分も親になってから、ようやくすこしわかるようになってきた。とくに、としのわりにおさない息子のことを思わないではいられない。

 J'ai pas tué, j'ai pas volé
 Mais j'ai pas cru ma mère
  ぼくは殺していない、ぼくは盗んでいない
  でもぼくは母のいうことを信じなかった
 Et je me souviens qu'elle m'aimait
 Pendant que je rame aux galères.
  母がぼくを愛してくれたことを思い出す
  ガレー船でくるしみながら


 それでは、なぜ、ゲラ刷りがガレー船とおなじ語源なのか。
 「校正をすることは、あたかも、漕役囚のようにくるしいからだ」というのは、さすがに被害妄想で、じっさいは、植字用の箱が、あたかもガレー船のように木で組まれていたところにつながりがあるようだ。

 16時からと、16時30分からの2件、会議に出席して、ようやく今週のしごとはおわった。
 昨日(23日)、来月25日に予定されている前期入試、学士再入学試験、私費留学生入試の準備で19時ころまで大学にいて、帰途につく。
 20時34分北千住発の多摩急行にのり、これで座ったまま帰ることができると安心していると、向ヶ丘遊園・生田間で「線路内にひとが立ち入った」(この用語は一説には隠語だそうだが、今回は字義的解釈も通じる)ため経堂で運転見合わせになり、長時間停車のあげく、「この列車は回送となります」といわれて下ろされる。「運転再開の見通しは立っておりません」とのこと。

P1233042

 2005年、≪ワンダーランド≫に飲みにきて以来、ひさしぶりに経堂で改札をでて、まちなかをあるきまわる。≪リコピン≫という、名まえも内容もすてきな店を発見し、ワインを1杯だけのむ。

P1233041

 駅にもどると運転は再開されていたが、ダイヤは大幅にみだれていて、立錐の余地もない各駅停車で帰途につき、23時ころ帰宅。連日の疲れにとどめをさすようなできごとだった。

P1233043
▲ この写真は経堂駅構内だが、右奥に見える発車時間案内の電光掲示は消えている。

 きょう(24日)は今月末の大学院入試の準備や、フランスに留学中の3年生の学生2人の卒業論文の仮題目申請の代行のため出勤。
 留学中の学生の行き先でもある交流協定校のフランシュ=コンテ大学からダニエル・ルボー先生が筑波に来ておられ、4年ぶりくらいで再会し、久濶をのべる。

 しごとの合い間の待ち時間に、ネットでニュースをみていると、昨夜の遅延の原因が出ていた。

 http://www.asahi.com/articles/ASG1R7KXDG1RULOB01K.html
 からの引用:
 
走行中の急行電車から乗客飛び降り 車内で痴漢疑われて
 2014年1月23日23時35分
 23日午後9時10分ごろ、川崎市多摩区の小田急線生田―向ケ丘遊園駅間で、走行中の藤沢発新宿行き快速急行(10両編成)の窓から、男性客が飛び降りた。消防によると、男性は頭などにけがをしたが、命に別条はないという。
 多摩署によると、男性は車内で女性客から「痴漢をした」と疑われ、トラブルになっていたという。小田急によると、小田原線が約40分間、運転を見合わせ、約2万7千人に影響した。

 快速急行の窓から飛びおりるとは、ただごとではない。朝日新聞には「「痴漢をした」と疑われ」、産経新聞には単に「トラブル」と書かれていた。痴漢の真偽まではわからないことから、慎重を期した書きかたをしているということか。
 予定どおり、午前中は年に1度だけ担当している総合科目(輪講科目)をつとめる。
 つかれをふきとばそうとして、少々ハイになりすぎた(笑)。学生からのコメントをあとで読ませてもらうことになっているので、酷評されていなければよいが、、、

 11時40分ころから、≪きく乃家≫でまちあわせて、Kさん、Wさんと3人で昼食をとる。
 菜の花のおひたしがついていて、春がちかづいていることを知る。

P1213040

 Kさん、Wさん、おふたりとも、昨年度わたしの授業をとってくださっていたかただが、すでに職業経験をつんだあとで大学にもどってこられた。おふたりとも、今春で卒業なさるので、お祝いということでごいっしょした。
 とくにKさんはわたしと近い世代で、中学3年生のお子さんまでおられるようなかただが、信じられないほどわかわかしい。Kさんは今春から大学院に進学なさることがきまっている。強い向学心が若さの秘訣かもしれない。
 
 13時45分から19時40分まで6時間ちかく、フランス語学領域の卒業論文・修士論文の公開審査に立ち会う。ながい1日だった。
 しばらく、さっぱり≪日録≫が書けなかったので、以下にここ1週間をまとめてふりかえる。
 この1週間で、つくばに累計4泊もし、自宅でねむる夜のほうが少ないという、≪ノマード≫生活だった。

 1月14日(火)
 大学院の授業で、交流協定校のフランシュ=コンテ大学への留学からひさしぶりで帰国なさったOさんに発表してもらう。
 おわったあと、新年会と称して大学院生のみなさんとつくば市桜の≪忍家≫にゆき、キムチ味のちりとり鍋をたべながらビールをのむ。翌朝早いので、この日はつくばに泊まる。

P1143010

 新刊準備中の『大杉榮全集』の編集委員をしておられる田中ひかるさん(大阪教育大学)から、「Tradictore Traditore」と題された大杉の随筆が、1913年6月22日に『読売新聞』に初出で、戦前の全集にもおさめられているが、Tradictoreとはなに語かわからない、教えてほしいというメールをいただく。
 問題の随筆の内容はアンドレーイェフの『七死刑囚物語』の相馬御風による翻訳にみられる誤訳をひたすらあげつらうもので、大正時代にはこのようなことがはやっていたそうだ。
 大略、以下のようにこたえた。
まず、語形についてのお答えは簡単です。
この系列の行為者名詞は、ラテン語もスペイン語とおなじく -or 語尾、フランス語は -eur 語尾 [中略] になりますので、-ore 語尾をとっているのを見るだけで、イタリア語しかありえないとわかります。
問題の語形、tradictore は、traduttore の誤りと断じて問題はないと思います。

なぜ大杉が tradictore としてしまったかというと、-ct- というつづり字からして、大杉が親しんでいたフランス語の traducteur の干渉と考えられます。
フランス語の干渉と考えられるもうひとつの理由は、つづり字の u を i にしてしまっっていることです。フランス語のつづり字 u の発音はドイツ語のつづり字 ü にあたる複合母音で、i 音色をも帯びていることから、i に間違えたと推測しております。

Traduttore, traditore という表現がフランス語の文脈でいついわれ始めたかは、わたしも確かなことはわかりません。
しかし、ご紹介くださった exblog のページ [ http://ka2ka.exblog.jp/8878509 ] でも名ざしされていた、デュベレー du Bellay には、たしかに、つぎのようなくだりがありますので、これがかなり初期のあらわれと見ても大はずれではないと思います。

« Mais que dirai-je d’aucuns, vraiment mieux dignes d’être appelés traditeurs que traducteurs? vu qu’ils trahissent ceux qu’ils entreprennent exposer, les frustrant de leur gloire… »
— Joachim du Bellay, Défense et illustration de la langue française, chapitre VI
「翻訳者というより裏切りものと呼んだほうが本当にいいような者たちについて、わたしはなんと言う(べき)だろうか。というのも、かれらは示そうとしているものを裏切り、栄光を奪いとっているのだから。」
デュベレー『フランス語の擁護と宣揚』第6章。

16世紀といえば、フランス(語)がイタリア(語)趣味にもっとも濃厚に染まった時代ですので、このころに好んでいわれていた確率がもっとも高いと思います。
しかし、デュベレー自身は、traducteur, traditeur というフランス語の語形を使っています。
デュベレーのこの書物は、フランス語の洗練をめざしたもので、ルネサンスの風物とともに圧倒的にイタリアから流入してくる外来語に警戒していたのでしょう。
といっても、traduttore, traditore というイタリア語形(フランス製イタリア語かもしれませんが)を下敷きにして traducteur, traditeur という模倣的な表現にしただけで影響をまぬがれたとはいえませんね。

 
 1月15日(水)
 朝から入試課にゆき、センター試験の問題の袋づめ作業。国立大学では、「入試は教員の業務」という建て前が貫徹されているので、このようなしごともまわってくる。
 昼すぎまで作業をつづけるはずだったが、次期人文学類長の選挙の投票と、月末にある大学院入試の書類の受けわたしがいずれも正午しめきりで、いずれも代理がきかないので、わたしだけ、さきに失礼して人文社会学系棟にとってかえし、ふたつの用件をすませる。
 午後は会議と、委員会のしごと。

 1月16日(木)
 代休。授業も全学的に曜日ふりかえ(みなし金曜)なので、ちょうどよい。

 1月17日(金)
 明日からのセンター試験にそなえ、つくばに前泊。
 学内は、試験場の下見にきた受験生で混雑している。試験場の下見にくるなんて、なんという堅実さだろう。わたしなどは、27年まえ、筑波大学(二次試験)を受けにきたときは、前日、下見などせずに、霞ヶ浦の遊覧船にのって遊んだものだが、、、

 1月18日(土)
 センター試験1日め。朝7時半から出勤。

P1183030

 わたしは監督員ではないが、裏方(入試実施委員)のしごとがある。実施委員はすべての入試に立ち会わないといけないので、たいへんな役目ではあるが、わたしは試験場のはりつめた空気がたいへんにが手なので、受験生に直接顔をあわせるよりは、裏方のほうがまだ性にあっている。
 リスニングで再開テストが出たものの、そのせいで夜おそくなったこと以外は、さいわい、とくに問題なくおわった。
 ちなみに再開テストは、受験生がメモリーをぬいてしまったという理由で、そのような場合は故意か過失か立証不可能のため、原則として再開テストということになっているらしい。

 1月19日(日)
 センター試験2日め。明け方、雪がふり、気象庁の発表ではつくばは積雪2センチ。昨日と同じく7時半から出勤。キャンパス内もうっすらと雪化粧をしている。

P1193031

 積雪の影響で、国道125号線で交通事故があって、渋滞しているという。そのせいでおくれたひとは時間をずらして別室受験もできるように、そなえをする(しかし、積雪2センチで交通事故がおきるなんて、雪国のひとがみたら笑うだろう)。
 平塚線と大学東ループ道路の交叉点で、氷のうえで転んで脳震盪をおこし、救急車で大学病院にはこばれたひとがいたそうだ。あとでわかったことだが、なんと、そのひとはわが第1試験場の監督員の先生がたのうちのひとりだった。
 ほか、体調不良で別室受験になったひともいて、監督員のやりくりが逼迫する。配布・回収が煩雑なときだけ出動する補助監督員の先生がたに、もとの試験場からはなれて別室にまわっていただくなどして、なんとかことなきを得る。
 しかし、この日も全体としては大きな問題はなく終了し、2日ぶりに帰宅。

 わたしが無事帰還したことに、5歳の娘がおおよろこびしてくれて、ようやくほっとする。

 夕食後、旧冬からのばしっぱなしだった髪をばっさり切って、すっきりした。
 たまに、「シャンプーはなにをつかっているのですか?」ときかれるのでこたえておきましょう、≪ラボラトワール・ガルニエ≫のシャンプー、菩提樹エキス入りです(笑)。

P1111155

 1月20日(月)
 非常勤出講先の白百合女子大学仏文科に、としあけ初回にして年度内最終の平常授業をしにゆく。
 昼休み、昼食をたべるかわりに、来週実施の学年末試験の問題をこしらえ、提出する。
 明日は朝、筑波大学で年に1度だけ担当する輪講科目があるので、白百合でのしごとがおわったあとつくばに移動し、今夜もつくばに泊まる(これだけ泊まりが多いと、もう、つくばに単身赴任したほうがよいのかもしれないが、こどもたちがさみしがるだろう)。
 昼食ぬきだったので空腹たえがたく、二十数年前、学生時代に親しんでいた天久保3丁目の≪クラレット≫にひさしぶりに行き、夕食にチキンカツをたべる。この店はむかしから≪軽食≫という看板をあげているのだが、きっとなにかの冗談だろう。

P1203039

 明日は午前中輪講科目を担当するだけでなく、午後から夜にかけて卒業論文・修士論文の公開審査もある。またまた夜おそくなりそうで、こどもたちに申しわけない(なみだ)。
 くもり、夜は雨。明朝と、明日の夜は雪がふるかもしれないという。
 会議などのため、筑波に出勤。
 そのほか、学会誌の査読コメントを書いたり、3月に刊行される予定の論文の校正をしたりして1日がすぎる。

 ひとつまえの記事で言及した自宅リフォームは、予定より工期を1日短縮し、きょう終了した。
 大工しごとはきのうまでで完了しており、きょうは内装、壁紙貼りなどをしていただいた。
 さすがにとてもきれいに仕上がり、リフォームをしてよかった。
 1畳のクローゼットから2畳のウォークインクローゼットへ。たんにスペースが2倍になるだけでなく、使い勝手もたいへんよくなった。

 リフォームまえとリフォーム後の写真を対照すると、つぎのようになる。

<廊下側>
前:P1062999 ⇒ 後:P1083004


<部屋側>
前:P1052997 ⇒ 後:P1083006

 廊下側と部屋側の両方に片開きのとびらをつけた。
 これで、廊下を通っても、ウォークインクローゼットを通っても行き来できるようになったので、当面、こどもたちにとっては格好のかくれんぼ・おにごっこスペースになるかもしれない(笑)。

 ハンガーをかけるポールは、どちらのとびらから入っても奥側になる位置に、以前とは直角の方向につけなおしてもらい、その上に奥行き60センチの棚もつくってもらった。

後:P1083007
 としあけの初出講は明日7日ですが、正月気分はきのうまでで打ち止めです。
 今朝は、曜日をまちがえて授業を欠かしてしまうという、教員にありがちな悪夢をみて目ざめました。
 関西人としては、「15日まで正月や」といいたいところなのですが、世のなかがいそがしくなってきていて、そうもいきません。

 きょうから4日間の予定で、自宅にリフォームの工事がきています。
 家全体で収納が不足しているので、2階にある3部屋のうちの1部屋についている1畳分のクローゼットを倍にひろげ、どの部屋にも属していない廊下側から出入りできるようにして、ウォークインクローゼットに改装する計画です。
 小学生の息子に個室をあたえるまえの手なおしですが、消費税増税まえの駆け込み需要でもあります。
 駆け込み需要といえば、ほかにも、自宅のプリンターも年末ぎりぎりに買いかえました(残念ながら、そのことに思いいたるまえに、古いプリンターで年賀状を印刷してしまっておりましたが)。

 アベノミクスによるといわれている好況は、実はかなりこのような駆け込み需要に負うているのではないかと思います。
  <201312| 201401 |201402>