日 録

 中学時代の同級生(じつは幼稚園もいっしょだった)、Sくんの忌日。
 Sくんは亡くなるすこしまえに、どういうわけか、わたしに、「きみは教師になったほうがいい」と言ってくれていたことをおもいおこす。

 * * * * *

 きょうの日中は、ほとんどずっと雨がふっていた。
 気温が高いわけではないが、たいへんな湿気で、額にたれた汗がいつまでもひかない。
 非常勤出講先、白百合女子大にゆき、前期の期末試験を実施した。
 学生も教員も、ながかった学期がやっとおわることをよろこんでいる。
 暑くてろくにあたまもはたらかない時季にも学期をつづけることで、「年間30週」という授業回数を墨守することにどれほど意味があるのか、はなはだ疑問だが、世の趨勢はきちきちと額面どおりの数字を実現するのがよろしい、ということになっているらしい。

 * * * * *

 かえりみち、まえの職場で同僚だったG先生と、小田急の電車のなかで偶然お目にかかった。
 音楽家マルグリット・フランスさんの葬儀に出席してこられたとのこと。
 フランスさんはわたしの前任校でも教えておられた時期があったそうだが、わたしの在職時期と離れていて、面識はない。
 1993年のフランス文学会春季大会で、あの学会としてはめずらしい演奏会がひらかれ、それに出演なさっていた。

 * * * * *

 先週、つぎのようなお知らせがメーリングリストで配信されて、発表者のお名まえに見おぼえがあった。

 第8回京都言語文化教育研究会
 2013年8月1日(木)14:30より
 京都大学吉田南構内総合館216(南棟2階)

 落合知子(神戸大学)
 「公教育におけるニューカマー児童への母語教育の意義:当事者とその周囲への影響を中心に」
 本発表では神戸市の公立小学校に設置されたベトナム語母語教室における活動が当事者であるベトナム系児童やその周囲の日本人児童、教員、地域住民にどのような「学び」をもたらしているか明らかにすることを目指す。

 フランシス・カルトン(ロレーヌ大学)
 「言語学習における異文化間教育の新しいアプローチについて」(フランス語発表,通訳あり)
 学校教育や学校以外での教育に異文化間アプローチを導入することは本質的に有効であると考えられる。異文化間アプローチとは,異なる文化間でダイナミックな交流のプロセスを指す。異文化間能力を持つ人間とは,他者との接触や交流,関係を通じて自らを認識し,構築する。「人間とは,同一なるものと異なるものとの岸辺を結ぶ橋である。」(ジャン=ピエール・ヴェルナン)


 ReaD に出ていた落合知子さんのプロフィルをみて、しばらく考えた結果、このかたは、わたしの筑波大学人文学類で1年先輩だったひとだと確信するにいたったので、メールをおくり、そのとおりというお返事をいただいた。
 ほんとうは8月1日の研究会に参会できればよかったが、「じつは筑波大学ではちょうど今年度から、創立以来40年つづいた3学期制が廃止され、2学期制に移行したので、まだいろいろとしごとがのこっていて...」と説明し、うかがえないことをわびておいた。
 しかし、隣接分野を研究しておられるので、また別の機会にお話をうかがうなど、交流をさせていただくことになった。

 * * * * *

 報道からうける印象であり、統計にもとづいてはいないので、おそらくじっさいには反証されるだろうとは思うが、最近、ニホンでは兇悪な事件が多く起きているような気がする。
 マスコミでは、「山口殺人放火事件」とか、「広島死体遺棄事件」といわれるが、インターネットや、それに追随する夕刊紙では、前者を隠喩的に「(平成の)八つ墓村事件」、後者を換喩的に「LINE 殺人事件」と呼んでいて、修辞的なのに、もっとも本質的なところを直接さししめすかのような名まえでよばれている。
 もちろん、事件を『八つ墓村』の映画とまったく同一視しているわけでもなければ、LINE が事件を直接ひきおこしたかのような物語をつくろうとしているわけでもない。ただ、実際のおそろしさ、気味のわるさに見合った名まえになっていると思うのだ。
 これはインターネットで多くのひとのことばを糾合した結果の、民衆智のようなものではなかろうか。そして、言語慣習ができあがってゆく過程もまた、そのようなものではないかと思う。
 このようなことでも、「名まえ」に着目してしまうのが、われわれ言語学徒の職業病かもしれない。

 * * * * *

 先日のサンティアゴ・デ・コンポステーラでの高速鉄道の事故は、たいへんショッキングだった。
 サンティアゴ Santiago とは「聖ヤコブ」の謂いで、まさに聖ヤコブの祝日にちかかったので、巡礼者もおおかっただろう(ちなみに、「・デ・コンポステーラ」がついているのは、「サンティアゴ・デ・チーレ」(チリのサンティアゴ)など、おなじ名まえを帯びたべつの都市と区別するためだろう)。
 じつはわたしが昨年、ウズベキスタンに出張したとき、タシュケントからサマルカンドまで乗った高速鉄道≪Afrosiyob≫が、今回スペインで事故を起こしたのと同型の車体(Renfe 130系)を輸入したものだった。いまごろ、ウズベキスタンのひとたちも震撼しているだろう。

P3140322
▲昨年、サマルカンド駅でとった写真。
 ひとつまえの記事でなげいたもろもろの懸案は、まずは一段落させたつもりだ。



 Les pays c'est pas ça qui manque
 On vient au monde à Salamanque
 À Paris, Bordeaux, Lille ou Brest[e]
 Lui la nativité le prit
 Du côté des Saintes-Maries
 C'est un modeste
            ---Brassens, Le modeste


 わたしは大阪で生まれ、19歳までを大阪ですごした。
 もう45歳なので、大阪をはなれてからの年月のほうが長くなってひさしい。
 大阪はまがりなりにも都会のせいか、「郷里」というかんじはしない。もとより、故郷を甘美だと思うようなニンゲンではないが。
 そのようなこともあって、大阪にいたころにとりむすんでいた関係は、自然にとだえたり、自分で絶ちきったりして、片手でかぞえるくらいしかのこっていない。
 なかでも、「同窓会」と名のつく集団にくわわっているのは、きょう行ってきた、ただひとつだけだ(アプリオリには「同窓会」などまったく好きではないのだが、このグループだけは偉大なる例外だ)。
 19時、難波、戎橋筋の酒肆≪鶏豚きっちん≫に総勢8人であつまり、ビールや焼酎をのみながら話した。

P7271620

P7271627

P7271629

 たいへんここちよい。29年まえの過去を共有しているだけでなく、たがいの現状をありていのまま認めあえているからかもしれない。それでいて、まったく群棲的(grégaire)でない。
 というわけで、また来年!
 雑用の部類にはいるけれど、それなりに気がかりな懸案をいくつもかかえていて、なかなか≪日録≫を書けない。
 決着のつかない状態からはやく脱したいものだが、自分で直接には処理できない案件も少なくないので、いましばらくはすっきりしないだろう。

 唯一ありがたいことは、この数日、涼しくてすごしやすい日がつづいていることだ。
 東京のきのうの最高気温は28.3度、きょうの最高気温は29.0度。

 きょうの参議院選挙は、当日には行けない可能性が高かったので、先日、期日前投票をすませてきた。
 投票のため、町田市の施設、≪和光大学ポプリホール鶴川≫にはじめて行った。鶴川駅からほどちかい。

P7191595

 和光大学が命名権を購入し、スポンサーになっているので、市の施設であるにもかかわらず私立大学の名まえを冠している。
 まあたらしく、いごこちのよい施設で、2階には市立図書館の分館、1階には市役所の連絡所やカフェがある。
 図書館は、分館にしてはなかなか充実している。つくば駅前の≪アルス≫に県立つくば美術館と同居のつくば市立図書館よりずっとよい(つくばの図書館が貧弱なだけ、という話もあるが)。
 カフェは、慢性的に混雑している駅前のべつのカフェ(複数)よりもずっとよい。
 そのようなわけで、6月26日の≪日録≫で、町田市の行政に文句をたらたらと書いたこととのバランスを、すこしだけとりたくなった(笑)。


 きのうの土曜には、近所で夏まつりがあった。
 雑踏のなかには出かけないで、こどもたちといっしょに、花火があがるのを自宅の庭先からみた。
 このような脱力系のたのしみかたでも、こどもたちには思い出になっているとよいが。

P7201599

P7201600

P7201601

P7201602

P7201609

P7201612

P7201613
 きょうまでなかなかあわただしかった。ここ4日分の日録をまとめて書く。

2013年7月12日(金)
 娘は午前中に無事退院してきた。元気だ。
 午後から筑波に出勤し、いくつか用事をかたづけてから、翌日、帰国生入試にまつわるしごとがあるので、大学会館の宿泊施設に泊まる。
 大学会館別館の2階からエレヴェーターにのろうとすると、ハラール食品店ができていることに気づく。通りかかったのがおそかったからだと思うが、営業はしていなかった。

P7121588

 筑波大学には北アフリカ、中央アジアからの留学生も多く、最近では東南アジアとの交流もさかんになってきているので、ムスリムは多いだろう。
 ハラール食品店は、まちなかにはあったが、学内にできたのははじめてではないか。

 宿舎に身をおちつけたあと、大阪にいる母から連絡があり、愛媛にいる大叔父(祖母の弟)がきょう亡くなったときかされる。享年93歳。明日が通夜で、明後日が告別式。明後日だけなら休みだが、明後日だけで愛媛まで日帰りするのはずかしいので、弔電を打つことにする。
 大叔父はわたしがおさないころから、そして近年では毎夏、こどもたちをつれて愛媛に行くようになってからも、わたしに対しても、こどもたちに対しても、たいへんやすらかな優しさで接してくれたことを思いおこす。

2013年7月13日(土)
 この日録で言及した、7月4日の失敗はくりかえさず、目ざましがなるまえに、6時半ころに目がさめた。
 カーテンをあけてみると、今回は学外側に向いた部屋をわりあてられたので、なかなかながめがよい。

P7131593

 わたしが学生だった25年まえは、この写真の視界にはいるあたりには、ひろい梨畑があったものだが、いまではワンルームマンションがたちならんでいる。

 入試業務は大過なくおわったが、個別冷房のはいっていない(あまり冷えない集中冷房しかなく、冷気がダクトをとおってくるうちに、たいがいあたたまってしまっている)校舎にずっといたせいか、熱中症ぎみになった。

2013年7月14日(日)
 世間ではきのうの土曜、きょうの日曜、あすの祝日と3連休のようだが、わたしが休めるのはきょうだけ。
 近日中に更新を予定している、台所のビルトインコンロと、ふろと台所、洗面所に給湯する湯沸かし器の入れかえ機種をみるため、近所のホームセンターにみにゆく。
 しかし、希望の規格のものは意外と見あたらず、インターネットで註文することとする。いまでは工事込みの商品もインターネットには豊富にある。

2013年7月15日(月・祝)
 海の日の祝日だが、非常勤出講先の白百合女子大が祝日返上で授業なので、9時半ころ出て仙川にむかう。
 小田急の車内の案内画面で「京王線は人身事故のため全線で運転見合わせ」とながれる。
 永山で京王にのりかえようとすると、運転は再開されていたが、遅れているという。

P7151594

 運転間隔もあらい。永山で30分ほど待たされて快速にのる。
 さいわい、かなりの時間の余裕をみていたので、授業に穴をあけることはなくて済んだ。
 「休日返上のうえに電車の大幅遅延だから、学生はあまり来ていない」とほかの先生がたがおっしゃっていたが、わたしの担当する授業では欠席者はむしろ少なかった。もちろん、ただ授業に出てきさえすればよいというものではないが...(苦笑)
P7091543

 アンジェでの学会のプログラムが、ようやく、主催者がわからメール添付で送られてきた。ウェブサイトにはまだ掲出されていない。
 これ以上ずれこんだら、フランスの大学は事務方もふくめて一斉休暇に入ってしまうので、限界まで延引された感じだ(だいたいどこの大学でも、7月14日のフランス大革命記念日からが一斉休暇)。

 しかし、プログラムをみて一驚を喫した。募集段階では3日間とされていた日程が2日間に短縮されているのだ。
 メール本文にも、≪Nous vous informons que le colloque "La transgression : de l'émancipation à la progression" se tiendra finalement sur 2 jours (lundi 30 septembre et mardi 1er octobre 2013). ≫(学会 "La transgression..." は結局2日間(9月30日から10月1日)で実施されることになりましたのでお知らせいたします)とかかれている。
 飛行機のきっぷも買ってしまったし、出張全体の日程は変えようがない。1日くらい余裕ができてもよいのだが(というより、個人的にはあわただしいのがにが手なので、むしろ歓迎だが)、すでに学会3日間という日程で出張伺を出してあるので、事務方からなにかいわれるとめんどうだ。
 しかしおそらく、最悪でも、変更前と変更後の日程の書かれた証拠書類をつけて、「往復の飛行機の搭乗日を変えようとすると、高額の費用が発生するので、、、」といった申立書をかけばOKだろう(それにしても、いやだなあ)。
 とりあえず、予約済みのホテルの宿泊日数を変更した。さいわい、TGVのきっぷはまだ買っていなかった。
 東京は連日35度を超す炎暑がつづいている。
 きょうは、13日土曜に帰国生入試のため出勤する予定とひきかえに代休をとり、祖師ヶ谷大蔵へ。

P7101549

 ここは円谷プロがあるところで、ウルトラマンのまちということになっている。
 駅構内には各種ウルトラマンの絵がかざられているが、わたしはぜんぜん知らない(汗)。ウルトラマンキングなんて、顔だけをみていると、むしろ悪役っぽいのだが?

P7101548

P7101547

P7101546

P7101545

 商店街も「ウルトラマン商店街」という。

P7101550

P7101551

 砧(きぬた)は、むかしの農道の名残りで、迷路状のまちといわれている。
 六叉路にさしかかり、ただしい道をあるいていることを確認。

P7101553

 行った先は国立成育医療研究センター。ここに娘が一昨日から入院しており、きょうの午後、全身麻酔で手術をうけた。

P7101573

 保育士が常駐していて、昼間は幼稚園か保育園のようにこどもの相手をしてくれたり、こどもに人形をあたえて顔をかかせ、手術をうける前日には、人形をつかって手術室に行ったりすることを擬似体験させ、こころの準備をさせるなど、小児科ならではのきめこまかな対応をしてくれていることが、たいへんありがたい。
 11時半ころから娘につきそい、遊び相手をした。14時30分から手術室に行く予定だったが、はじまるのが遅れて15時15分ころからになった。17時ころ、無事終わったという知らせがあったが、じっさいに出てきたのは18時ころ。時間がずれこんだこと以外には、とくに問題はなかった。
 手術にそなえて昼食をぬき、水さえのまないでのぞんだので、手術室にはいるまえには「おなかがすいた」としきりに訴えていた。麻酔がさめたあと、1時間後、2時間後にそれぞれ水をのめるかどうか確かめたうえで食事、という予定だったが、疲れたのか、あらためて昼寝をはじめてしまい、深くねむって、なかなか起きない。点滴で水分や栄養補給はつづけている。
 19時15分ころまで病院にいたが、あとは妻にまかせて病院を辞する。21時ころ自宅につく。岳父宅にあずかってもらっていた息子と再会。
 妻からのメールで、結局今夜はほとんどそのまま寝たことを知る。しかし、ひとまずは手術が無事おわったことをよろこびたい。順調に推移すれば、娘は明後日退院の予定。
 きょう、はやくも関東地方には梅雨明けが宣言され、さっそく炎暑にみまわれた。きょうの東京の最高気温は33.7度。
 ことしの梅雨明けは平年より15日もはやい。このことは、わたしにとっては、受難の季節がはやくはじまることを意味する。夏の暑さはほんとうににが手だ。
 
 今週は4日が大学院入試だったことと、13日の学類(他大学でいう学部)の帰国生入試の準備も散発的にあり、ふたつの入試にかんして、いわば「両面作戦」をしなければならなかったので、3日から4日にかけて筑波に泊まりこんだ。
 大学会館宿泊施設にとまったが、ひどく疲れていたことと、たまたま今回あてがわれた部屋にそなえつけの古い目覚まし時計が鳴らなかったこともあり、担当者の朝の所在確認に遅刻してしまった。
 さいわい、4日は待機時間がながく、実務に影響はなかったが、これでは、なんのために泊まったのかわからない。
 しかも、4日はにわか雨がふることが予想されていたのに、宿舎まで傘を持っていくことさえしていなかった(たまたま移動のときに雨がふらなかったからよかったが)。疲れで判断力もよわまっていたのかもしれない。
 帰国生入試の前夜も泊まる予定だが、そのときは確実に起きられるよう留意しよう。と、このようなことを教訓にしているようでは、まことになさけない。

 大学院入試では、ことしも学外から有望な学生が受験してくれた(わたしの属する専攻では、7月と2月に入試をしている)。合格発表は12日。

 フランスの大学年度にあわせて、昨年秋から9か月半ほどフランシュ=コンテ大学に受託研究員で行っていて、先月末帰国したばかりのライトツナさんと、4日の大学院入試のながい待機時間を利用して、ひさしぶりに再会した。おたがい、あいかわらずだ。
 ライトツナさんのブログの題名が、「今だけフランス生活」から、もとの「ニャンともネコバカ生活」にもどった。
 http://inaba-no-blog.cocolog-nifty.com/blog/

 ところで、6月23日、26日に「おくれている」と言及したアンジェの学会のプログラムだが、ウェブページをみるかぎりでは、いまもなおできていないようだ。
 「6月15日以降公表」とウェブページに書いてあった予告時期にくらべると、3週間おくれということになるが、これで週末に入ったので、どんなにはやくてもつぎの週明けまでは出てこないだろう。

[翌日追記] 翌7日の東京の最高気温は35.4度だった。もはや意識がとぶ...
  <201306| 201307 |201308>