日 録

 多忙というものは、それじたい、とりもなおさず不摂生ということになるようで、今週なかばから、かぜをひきこんでしまった。
 ちょうどきょうは、呼吸器科の定期受診のタイミングだったので、「ぜんそくは調子がよいけれど、かぜをひいてしまった」と告げて、薬を処方してもらった。
 じっさい、呼吸機能検査の結果はよく、「肺年齢34歳」(前回と同じ)と出た。
 調剤薬局にたちより、薬をもらってかえってきたが、薬剤師が薬の説明のなかでくちにした「鎮痛解熱剤」というごつごつとした漢語が、病身にぶつかってくるように感じた。

 きのうは、15時から20時30分という長丁場で、旧冬12月に提出されたフランス語学の卒業論文と修士論文の発表会(審査委員会をかねる)がひらかれた。
 審査対象のひとのなかに、ひとり、この1月から3月までの3か月間の短期派遣でブザンソンのフランシュ=コンテ大学に行っているひとがいて、そのひとの発表と質疑応答は、Skypeで双方の大学をつないで実施した(遠隔会議システムPolycomも双方の大学にそなわっているので、それを使えればなおよかったが、ブザンソンがわで予約ができなかった)。
 時差の関係で、その部分だけ、休憩をはさんで最後の時間帯にまわした。
 このときのためだけに、おたがい付け焼き刃でSkypeアカウントをつくって準備したが、通信そのものは意外とうまくいった。
 いま、フランス語学領域では、1年間の留学で2人、3か月の短期派遣で2人、合計4人がブザンソンに行っていて、そのひとたちも向こうがわであつまってくれて、発表会ついでにひさしぶりに肉声で話しあうことができた。
 くたびれきったからだが、ひさしぶりに、よろこびであたたまるような思いだった。

 ちなみに、いま学生を送り出している短期派遣は、文科省の気まぐれか、あるいは震災以降の国家予算が先行き不透明なせいか、前ぶれらしきものはなく、ふってわいたように突然に来た「うまい話」だった。
 昨年9月27日づけで通知されたのに、応募しめきりがわずか7日後の10月4日という、めちゃくちゃな話だったが、こうした急な募集に敏捷に反応できるかどうかということも、選別の要因になっているのだろう。
 フランス語学領域からは、果敢にも2人がこれに応募し、給費を得ている。
 わたしが院生のころはこんな制度はなかったが、かりにあったとしても、機会をつかまえるだけの「処理能力」(コンピューターに関して語られるような意味での)に欠けていたようだ。いや、いまもあまりない。
 いまのような時代になると、けっきょく、多くの案件をすばやくこなすことのできる、能吏タイプの人間がまっさきにうかびあがり、おっとりとした人間の生息空間はせばまるばかり、という気がしないでもない。
 朝、自宅から駅にむかうとちゅうの公園のようす。

P1150883

 つくばエクスプレスで、守谷をすぎると田畑が一面の雪原になっている。たいへん爽快だ。

P1150891

 きょうは、すこし電車がおくれた程度で、ほとんどいつもどおりに出勤できた。
 きのうの雪が1日おくれていたら、たいへんなことになっていただろう。
 成人の日。きのうとはうってかわって、東京では雪がふりつもった。東京の正午の気温は0.8度。
 拙宅の(ささやかな)庭も、すっかり雪でおおわれる。

P1140880

P1140878

 終日閉居し、あいもかわらず主語不一致ジェロンディフの文例検索をしている。3連休のおかげで、単純計算での進捗状況は93%に達した。
 しかし、修士論文3件の審査をまだ横においている(心理学でいうところの「能動的遷延 procrastination active」!)ので、この先は予断をゆるさない。
 3連休の中日。おだやかに晴れ、あたたかい。東京の最高気温は13.5度。

 息子とふたりで、近所でもよおされるどんど焼きに行く。
 正月のしめ縄、松かざり、だるまなどを燃やす。

P1130835

P1130836

P1130838

P1130841

P1130845

P1130848

P1130854

P1130858

P1130861

 下火になったら、これからがお楽しみ。篠竹の竿にだんごをさして待機。だんごが林立しているのは、じつにユーモラスな光景だ。

P1130871

 熾火のようにくすぶらせ、だんごを焼いて食べる。香ばしくておいしい。

P1130873

 ずっと晴れていたにもかかわらず、とちゅうで虹をみた。

P1130866
 ひとつまえの記事で言及した講演会をきくために、はじめて和光大学にゆく。
 じつは、和光大学はわたしの自宅からあるいてでも行ける距離で、実際、往路はあるいて行った。
 ほんとうにこのみちであっているのか、とおもうほど、ただ住宅街がつづくみちをあるいてゆくと、突如として大学の正門があらわれる。

P1120820

P1120822

P1120823

P1120825

 さいわい、まったく迷うようなことはなく、ほとんど一直線に会場の部屋に到達できた。

P1120827

 主催者もかねてより知り合いだが、講演者も30年来のともだちで、たのしくお話をうかがい、じゅうぶんに確保された時間の余裕のなかで、活溌な議論に参加することができたのはたいへんよろこばしい。

 講演会がおわったあと、鶴川の秋田料理店≪なまはげや≫に場所をうつし、懇親会に参加した。
 懇親会では、講演者のふるいともだちだからという理由で、となりに座らせてもらい、きりたんぽ鍋(きのこやごぼう、せりの根がはいっていて、とてもおいしかった)をたべながら、秋田の地酒をのみ、意外な話題展開に哄笑しつつ、たいへんたのしく話した。
 
P1120831


 寒の入り。その名のとおり、寒い。東京の最高気温は4.8度。
 はや正月も5日になり、つくづく思うのは、「時間がもっとあればなあ」ということだ。

 年々いそがしくなり、かつ年々「一切合財世も末だ」(Ⓡ友川かずき)という感覚が強まってきて、ほとんど正月を「祝う」という気分はなくなった。年末年始といえども、なるべく特別なことはしないようにしている。
 しかし、世間では休みだから、ありがたいことに、ほとんどだれも用事は言ってこない。
 そうすると、ふだんよりいくらかぶ厚くなった≪日常≫があるという感じになる。
 そのおかげで、12月初頭には(12月2日の日録に書いたように)70%の進捗状況だった主語不一致ジェロンディフの例文検索の作業が、12月現在の単純な比例計算を大きく上回るペースですすみ、きょう現在、すでに全体の88%に達した。
 同様の比例計算でいくと、あと55日ほど(3月初頭!)で終わるということになるが、これはいくらなんでも、とらぬたぬきの皮算用だろう。閑散たる冬休みと、これからくる年度末の繁忙期とでは、進みかたに天地の差があることは明らかだ。

 ところで、いまからちょうど1週間後の1月12日、和光大学で以下のような講演会がもよおされる。

 http://www.wako.ac.jp/what_new/2012/file/hayase_2013.pdf からの引用:
和光大学言語学研究会講演のお知らせ

懸垂分詞構文から対人関係機能へ -懸垂分詞句の構文化現象を考える-

講師 早瀬尚子氏 大阪大学大学院言語文化研究科准教授

◇概要◇
英語の懸垂分詞構文には、日本語で「発見の<と>」を用いた表現と類似の特徴が見られる。それは概念化者がある行為を行った結果、概念化者がある状態を知覚する、というシナリオ的事態連鎖を表すことである。この概念化者が典型的には話者と同一人物であることが多いため、このことから、この構文が話者の参加する発話の場に密着して用いられやすいことが示唆される。この構文的意味をもとに、いくつかの懸垂分詞句が単独で用いられるようになり、次第に意味変化を起こしていることを考察する。またそれらがいずれも、話の流れや評価に対してコメントをさしはさむといった、メタレベルでの対人関係的機能をもつようになっていることに触れ、全体として「構文化」という現象をおこしていることを主張する。

日時: 2013 年 1 月 12 日(土) 14 時~17 時
場所: 和光大学 E 棟 3 階 304 教室
どなたでもご自由にご参加下さい(参加費無料)。

平成 24 年度 2 回目の和光大学言語学研究会講演、今回は認知言語学研究でご活躍の早瀬尚子氏を講師にお迎えします。懸垂分詞構文という英語における周辺的現象を手がかりに、事態把握と文法の関係、文法の変化、日英語の差異といった言語学の中心的テーマについて考える貴重な機会です。研究者・学生及び専門分野を問わず、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

和光大学へのアクセス:小田急線鶴川駅下車徒歩 20 分

 第1に、この講演のテーマである英語の懸垂分詞は、わたしが(上記のとおり)現在フランス語で調査している主語不一致ジェロンディフと対応する現象であること、第2に、講演者の早瀬さんはわたしと高校1年のときに同級生であり、現在もありがたく交流させていただいていること、さらに第3に、和光大学はわたしの住む町田市内で、近隣であること、以上3つの理由がかさなり、ぜひ聴きに行こうとたのしみにしている。

 ところで、類似の現象をさすにも、英語には「懸垂分詞 dangling particle」という便利な呼称があるのに対して、フランス語ではきまった用語はないようだ。「主語不一致ジェロンディフ」というのは、いちおうわたしが考案したよびかただが、ニホン語で書くときにかぎるものであり、フランス語に翻訳しようとするといまひとつうまくいかない。
 わたしの知るかぎり、Odile Halmøy による「非同一指示ジェロンディフ Gérondif non-coréférentiel」というのがフランス語ではいちばん簡潔ないいかただが、それはいきなりは使いづらく、最初は「支配節と同一指示ではない(暗黙の)主語をもつジェロンディフ Gérondif ayant le sujet (implicite) non-coréférentiel avec celui de la proposition régissante」のように、だらだらと説明的にいわざるを得ない。

[2013年2月26日追記] 上記で見せ消しにした呼称についてですが、引用しようとおもって Halmøy を読みかえしたところ、すくなくとも2003年の著書では Gérondif non-coréférentiel という用語はつかっておらず、le cas de la non-coréférence といった間接的な呼びかたしかしておりませんでした。この点を訂正いたします。
  <201212| 201301 |201302>